本文へスキップ

株式会社ティーエーエムインターナショナルは、インドネシア、東ティモール専門旅行会社です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3866-8500

〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル

スマトラの王国 その歴史と足跡KERAJAAN di sumatra

スマトラ地区の王国・王宮、その歴史と足跡

スマトラ王国・王宮の歴史、足跡

スマトラ地区の王国・王宮、その権力と歴史

現在のスマトラ地区にはかつて大小220超の王国が存在した。歴史上はスリウィジャヤ王国がの存在が有名だが15世紀からはアチェスルタン王国が掌握する。

【スマトラ地区】

【アサハン王国 kerajaan Asahan 1630-1946】
1630年現在のスマトラ島東部タンジュンバライ(Tanjung Balai)に設立されたスルタン王国。1865年オランダに服従。1946年インドネシア共和国と統合。初代王Raja Abdul JalilはSultan Iskandar Mudaの息子。19世紀初頭迄アチェ王国の傘下

【始まり】
1612年Sultan Iskandar Mudaがジョホールとマラカへ行く事でアサハン王国の歴史が始まりとされている。その道のりに於いてSultan Iskandar Muda一行が後のアサハンと称される川の上流でで休息。この道のりはアサハン川とシラウ川の合流地点へ続き、それからシマルゴラン王(Simargolang)と謁見。その地でSultan Iskandar Mudaは後に集落へと発展するホールとして敷地を開設。この地はアチェとマラカからの貿易会談の中心として急速に発展。現在ではタンジュンバライ(Tanjung Balai)として知られる。

【初代王】
Abdul JalilはSultan Iskandar MudaとSiti Ungu Selendang Bulanの間に生まれ後に、Asahanの先駆者となる。Abdul JalilはSultan Asahan Ⅰに即位され1630年に政権が始まる。アサハン王国は小さくアチェ王国の傘下であり最高権力構造はアチェ王国の手にある。アサハン王国自身の領地はアチェ王国の関係から離されるYang Dipertuan Besarの称号で最高権力を得る。

【オランダによる支配】
1865年9月12日オランダに支配される。以来オランダが政権掌握。1867年9月30日オランダは政権掌握を強化し政府の領土を3分割した。

【アサハンスルタン】
現在迄に13名のスルタンが在位し最期の王は王国系譜の家長である

【生活・社会・文化】
イスラム文化の影響を受けている存在のスルタンとしてアサハンは充分な宗教生活を発展させる。実際はアサハン生まれの著名な回教学者(Syeikh Abdul Hamid1880-1951父、祖母はミナンカバウ出身)がいる。Syeikh Abdul hamidはメッカでイスラムを学んだ。故にその当時の回教学者達に敬われた。発展に於いてSyeikh Abdul Hamidの弟子達はJamiyyatul Washliyyah(イスラムの組織)を設立。この組織はスンニ派とシャフィー派のベースとなる。ミナンカバウ回教学者達により設立したPersatuan Tarbiyah Islamiyah (PERTI)の平等を有する組織。この多くの平等をメッカの学問で極めて以来、回教学者達は互いに友好的だが、この宗教著名人達とミナンカバウの若き回教学者達による改革主義と見解がとても異なり両者間でしばし論争に

20世紀前半の1916年頃アサハン王国に於いてSyekh Abdul Hamidが初の理事としてMadrasah Ulumul Arabiyyah名称の学校を手引きとして設立。この学校は後に、北スマトラの有名なイスラム学校多数の中のイスラム教育の重要な中心の一つに発展

この学校の卒業生で有名なのはSyeikh Muhammad Arsyad Thalib Lubis1908-1972。アサハン王国の書物の遺産は教育に権益な回教学者達による文章にされた宗教分野の書籍との関連だけ
【アジュル ルブ王国 kerajaan Ajer lebu】
スマトラ島に存在したアチェ王国傘下の王国
【アチェ スルタン王国 Kesultlan Aceh】
1496-1903年 スマトラ島北部アチェに栄えたスルタン王国

01:Sultan Ali Mughayat Syah 1496-1528
02:Sultan ‘Adilullah 1528 01の祖父の息子(叔父)*正式に譲位されていない]
03:Sultan ‘Ali Ri’ayah Syah 1540 01の祖父の息子(叔父)*正式に譲位されていない
04:Sultan Salahuddin 1528-37 01の息子
05:Sultan Alauddin Riayat Syah al-Qahhar 1537-68 01の息子で04の弟
06:Sultan Husain Ali Riayat Syah 1568-75 05の息子
07:Sultan Muda 1575 06の息子.インデラプラ高官らに殺害か?
08:Sultan Sri Alam 1575-76 05の息子で同時にパリアマン王国の王、妻がインデラプラ国王の娘
09:Sultan Zainal Abidin 1576-77 05の孫で、アル王国アドゥラー王の息子
10:Sultan Alauddin Mansur Syah 1579-85 プラック国王(Prak現マレーシア)の息子で06の娘婿
11:Sultan Buyung 1585-89 インデラプラ(Inderapura)王国の息子
12:Sultan Alauddin Riayat Syah 1589-1604 01父の兄の孫でダルルカマル(raja Darul-Kamal)王の血統
13:Sultan Ali Riayat Syah 1604-07 12の息子
14:Sultan Iskandar Muda 1607-36 母方祖父が12、父方の曾祖父が05
15:Sultan Iskandar Tsani Alauddin Mughayat Syah 1636-41 スルタンパハン(Sultan Pahang)王国の息子で14の養子で16の夫
16:Sri Ratu Safiatuddin Tajul Alam1641-75 14の娘で15の妻
17:Sri Ratu Naqiatuddin Nurul Alam 1675-78 13の孫娘
18:Sri Ratu Zaqiatuddin Inayat Syah 1678-88 17の娘
19:Sri Ratu Zainatuddin Kamalat Syah 1688-99 18の妹、20の妻、21,22の母
20:Sultan Badrul Alam Syarif Hasyim Jamaluddin 1699-1702 19の夫、21,22代の父
21:Sultan Perkasa Alam Syarif Lamtui 1702-03 19.20の息子
22:Sultan Jauharul Alam Badrul Munir 1703-26 19.20の息子
23:Sultan Jauharul Alam Aminuddin 22の弟
24:Sultan Syamsul Alam 1726-27 23の息子
25:Sultan Alauddin Ahmad Syah 1727-35 17の息子
26:Sultan Alauddin Johan Syah 1735-60 25の息子
27:Sultan Alauddin Mahmud Syah I 1760-64,73 26の息子
28:Sultan Badruddin Johan Syah 1764-65 27の息子
29:Sultan Alauddin Mahmud Syah I 1765-73 27復権
30:Sultan Sulaiman Syah 1773 28の息子*正式に譲位されていない
31:Sultan Alauddin Mahmud Syah I 1773-81 27復権
32:Sultan Alauddin Muhammad Syah 1781-95 27の息子で28の弟
33:Sultan Alauddin Jauhar al-Alam 1795-1815 32の息子
34:Sultan Syarif Saif al-Alam Syah 1815-19 33別姓王政
35:Sultan Alauddin Jauhar al-Alam 1819-23 33復権
36:Sultan Muhammad Syah 1823-38 33の息子
37:Sultan Sulaiman Ali Iskandar Syah 1838-57 35の息子
38:Sultan Mansur Syah 1857-70 30の息子
39:Sultan Mahmud Syah 1870-74 34の息子
40:Muhammad Daud Syah 1874-1903 35の孫

アラブ暦913年5月1日又は西暦1507年9月8日スルタン・アリ・ムハヤット・シャー(Sultan Ali Mughayat Syah)が最初の王位をつけられ建国した。長い歴史の中(1496-1903)。アチェは欧州帝国主義対立の中に於いて軍事教育の型や教育拡大し分類、規律した政治・統治システムを持ち科学教育の中心を具現化すべく外国との外交を結ぶ

【始まり】
アチェ王国は1496年スルタン・アリ・ムハヤット・シャー(Sultan Ali Mughayat Syah)により建国。当初この王国はラムリ王国(Kerajaan Lamuri)地域で建国。後にダヤ(Daya)、プディル(Pedir)、リディエ(Lidie)、ナクール(Nakur)等の幾つかの王国周辺地域を統一又は屈服せしめる。更には1524年にはパサイ(Pasai)王国地区もアル(Aru)王国に続きアチェ王国主権の一部になる。

1528年、アリ・ムハヤット・シャー(Ali Mughayat Syah)は家督を長男サラウディン(Salahuddin)に譲ったものの、1537年弟のアラウディン(Alauddin al-Qahhar)がクーデターを起こし3代目スルタンになり、その権力は1571年迄続く

【政権中の事柄】
スルタンは最高支配者として考えられていたが実際は貴族や地方指揮官による制御コントロールされていた。アチェ古典文学のスルタン記述では1579年スルタン・スリ・アラム(Sultan Sri Alam:アラウディン(Alauddin al-Qahhar)の息子で西スマトラのパリアマン(Pariaman)王)を王国財宝の散財を理由に強制排除。7代目王スルタン・ザイナル・アビディンは残忍な動物の狩りや虐待が原因で数か月後殺害交替   

1589年王族や富裕層はDinasti Darul KamalのAlaiddin Riayat Syah Sayyid al-Mukamilへ玉座を提供。アチェ王国が次世代スルタンへの単一支配者としての地位を強化しながら敵対富裕層を破壊させ不安定性の状況に終止符をうつ

アチェ王国で最も勢力拡大への指導力を残したのがスルタン・イスカンダール・ムダ時代の1607-36。その時期、錫を主要原料としてるパハン(Pahang現マレーシア)を征服。1629年アチェ王国はマラッカに於いて海軍6万人と500隻の艦隊を擁してポルトガルに対し攻撃を行う。この攻撃はマレー半島でのスラット・マラカ(Selat Malaka:マレー半島・スマトラ島間の経済・戦略面)に於いて圧倒的支配拡大への企て。残念ながらこの出征は失敗するも、同年アチェはクダ(Kedah:現マレーシアの領地で同盟国)を占領し、多くのアチェ住民を運ぶ。 

1602年スルタン・イスカンダール・ムダの祖父スルタン・アライディン・リハヤット・シャ時代、外交使節団がオランダへ呼び寄せられた。スルタンはアチェ王国の立ち位置を強化す為、オスマン帝国セリムⅡ世、オランダのマウリット・ヴァン・ナッサウ、イギリスエリザベス女王等、世界様々な指導者へ多くの手紙を送る

【後退・減退】
アチェ王国の後退は幾つかの要因がある、その内スマトラ島とスラット・マラカにおけるオランダ権力の更なる強化によりミナンカバウ、シアック、ティク、タパヌリ、マンダリン、デリ、バルスが落されるターゲットに、且、ブンクルをオランダ植民地支配へ入れ込む。他の重要な要因は玉座の継承者間での権力獲得闘争。

スルタン・イスカンダール・トゥサニ(13)崩御後、貴族たちはイスカンダール・トゥサニ未亡人をSultanah(女性権力者の称号)に擁立しスルタン権力の厳重なコントロールを減らしたいが、女王の政治的背景となす暴君王が戻る事に恐怖

以降アチェでは首都のスルタン関税港を通過しなくて良い外国商人との自由交易に。ラダ(Lada:胡椒)アチェの海岸全域で栽培されている主な植物で19世紀末迄世界の唐辛子の主要サプライヤーになる。


社会からは後のスルタン称号の支配者は男性をと具現化を熱望。(1641-1699年間女王政権機関)正統な継承者は彼らと共に奥地に生きていると主張内戦勃発、バンダアチェではモスクは火災に市内は混乱に陥り平和が無くなる

この紛争は王国の重鎮イスラム指導者が後続措置をとる。Tgk. Syech Abdurrauf As-Sinkilyは様々な改革活動を行う、主には権力を3つに分散したがビブウ地域だけ充分な権力を持ち、他のスルタン権力を弱体化させる結果を引起す。この権力争奪内戦がアチェ王国の弱体化へ大きな役割を担ってしまう。

Sultan Alauddin Jauhar Alamsyah(1795-1824)時代、Sayyid Hussainに捨てられたスルタンの子孫の一人が息子をSultan Saif Al-Alamに擁立し王国玉座を主張。内戦が再度勃発しだがRaffles(英国)、Koh Lay Huan(ペナン商人),の助けのお蔭で戻された

それで終わらずTuanku SulaimanとTuanku Ibrahim(後のSultan Mansur Syah 1857-1870)の間で権力争奪の再内戦が起こる。Sultan Mansyur Syahは既に脆くなっている王国の再強化を出来りうる限り努め、前任スルタンが行わなかったスルタン王へ胡椒の貢納品を納める王達の屈服に成功。1854年、東地域の防衛強化へ海軍提督Tuanku Usen指揮の元200隻の艦隊を送った。この軍隊派遣はデリ(Deli)、ランカット(Langkat)、スルダン(Serdang)への確認作業であった。しかし不運にも1865年アチェはカンパイ(Kampai)島要塞を征服されその地より逃げ出す

スルタンはオランダ侵攻を堰き止める為、外部と同盟を結成する。オスマン帝国の家臣としてアチェの地位を再確認するだけでなくクリミア戦争へ援助送金し、その見返りにオスマン帝国Sultan Abdul Majid I はアチェに幾つかの戦闘機を送る。1849年トルコだけでなくフランスとも書状にて同盟結成を努めたが、申請は重大に受け取られなかった。後退は続行。

一連のTeuku Paya BakongとHabib Abdurrahman Az-zahierのイスタンブールへの外交企ても勢力拡大のオランダへの抵抗も失敗。首都に戻った後、Habibはアチェ政府への影響を突きこむ為インドのTeuku Panglima Maharaja Tibang Muhammadと競合する。穏健派はHabibの支援傾向だが、スルタンはリアウにて交渉時オランダとの共謀を疑われているTibangを保護する

1871年11月下旬、
スマトラ条約と呼ばれるものが生まれ、「英国はスマトラのどの地域においてもオランダの権力拡大への早急に示威行動を撤退する義務がある」と明示。

1824年アチェに関するロンドン条約の制限は廃止されたそれ以来、アチェ襲撃への試みはオランダ・バタビアの両方から、ますます強烈になる。

トルコの旧同盟国に援助を求める為、アチェ貴族とスルタン特使が配属。しかし当時トルコはロシアとクリメア戦争を行なったばかりであった為、不可能だった。救援活動はイタリア、フランス、アメリカに向けられるが成果は全くない。
英国の同情を得るためにペナンに設立された8つの評議会も何もできなかった。これを理由に、オランダは自らを強化し首都を奪う。1873年3月、オランダ軍はMeuraks Mirror海岸に上陸しアチェ侵攻を始める。

【アチェ戦争】
アチェ戦争は1873年3月26日オランダが表明し開戦。外交脅迫を迫るも大きな領域の争奪成果は得られなかった。1883年再戦大炎上、そして1892年、1893年再度失敗、オランダ側はアチェ争奪に失敗したと見なした

1896年、アチェで多くの指導により信頼を得ているオランダのLeiden大学イスラム学者Christiaan Snouck Hurgronje博士は貴族を抱き込み、聖職者を徹底的に粉砕するようオランダに助言。この助言は、Joannes Benedictus van Heutsz総督時代にのみ実施。Marsose軍(蘭領東印度王国軍)を形成し、オランダ軍部G.C.E. van Daalenが派遣されアチェ戦士を徹底的に内陸地へ追い込んだ


1903年1月、Sultan Muhammad Daud Syahは2人の妻が投降後に自身も投降。子供と母親はそれ以前にオランダに確保されている。Panglima Polem Muhammad Daud, Tuanku Raja Keumala,そしてTuanku Mahmudは同年9月に後に続く。闘争は回教学者らによって続けられる。1910年eungku Mayedハリムン山で殺害される

【アチェ王国】
スルタンは当初Gampông Pande, Bandar Aceh Darussalamに位置していたが、後に現在のアチェ中央庁付近に移転。当初から1873年迄首都はBandar Aceh Darussalamだったがオランダとの戦争でクマラ(Keumala:現ピディエ県)へ移る

新スルタンは合法に純金約19,2キロ・現金1600リンギット・数十の水牛・水田の持参金を支払った場合に権力の中に存在する直接の地域に承認任命された

スルタン最高権力は短剣と帽子で象徴される。短剣が無い場合、臣下はスルタンの任務遂行主張をする事が出来ない。帽子贖い場合、法律権限を持てない。

【政府機関】
スルタン政府機関は時に、その時事により異なる
■Balai Rong Sari:軍隊・回教学者各組織から成立つスルタン自身が率いる機関
■Balai Majlis Mahkamah Rakyat:73人のメンバーからなる現在の国会の様な機関
■Balai Gading:任命された9人の人民協議会メンバーを含む内閣・閣僚
■Balai Furdhah:経済管理機関・商務省の役割
■Balai Laksamana:軍隊調整機関・国防総省の役割
■Balai Majlis Mahkamah:司法事務機関・法務省の役割
■Balai Baitul Mal:財務組織・財務省の役割

【地域の分布と貴族階級
アチェ王国時代には既に設立しているPeureulak, Pasée, Pidie, Teunom, Daya等の様に幾つもの王国が存在した。この王国に加えて、小さな王によって支配されたもう一つの自由な領域があった。Sultan Iskandar Muda(14)時代、これらの地域は全て、アチェのスルタン派と一体化しNanggroe(国家)と名付けら、アチェ・ブサールと呼ばれるスルタン派の3つの中核地域に相当。

この各地域は貴族階級により率いている。Sultanah Zakiatuddin Inayat Syah (18)時代、Syaikh Abdurrauf As-Sinkilyと地域分裂改革を実施しアチェ王国を3つの連合と自治区に分けた。Sagoeと呼ばれる連盟を形成しそのトップをSagoe司令官と呼ばれた。後に3つのSagoeに分割

【経済
アチェは多くの貿易商品を持っている
1.灯油:デリ(Deli)
2.硫黄:ウェ島(pulau Weh)・スラワ(Seulawah)
3.石灰:シンキル(Singkil)
4.樟脳:バルス(Barus)
5.金塊:西海岸
6.絹:バンダアチェ(Banda Aceh)

町の中心には多くの細工師(金・銅・金色銅)がおり製品を加工していた。輸出に最も優れた商品は胡椒

最大生産を引起したのは1820年、ペナンの予測ではアチェの輸出は190万ドルに達した。この金額のうち40万ドルがペナンに持ち込まれ、西海岸の胡椒地域からアメリカの商人によって100万ドル相当が運ばれた。残りはインド・フランス・アラブの商人が運ばれた。胡椒の中心地はアチェ西海岸に位置していた

建築様式
アチェに残された王国時代の建造物遺跡は多くない。Istana Dalam Darud Donya(かつてアチェ王国が所有していた壮大な宮殿)はアチェ・オランダ戦争時消失。当時アチェスルタン住居地のIstana Dalam Darud Donyaの中核は移動し、Pendapa Gubernur Acehになり、国軍・陸軍の宮殿寮。スルタン王国時代は石材建築を禁止されていた、スルタンへ抵抗する要塞になると恐れた。その他に、Baiturrahman大モスクはアチェ・オランダ戦争時に消失した為、当時の物では無く復元。現在見られる事が出来る王国時代の建築様式遺跡は市の中心にあるIndra Patra要塞, Indrapuri古代モスク, Komplek Kandang XII (アチェ王家墓地), Pinto Khop, Leusong dan Gunongan

【文学
スマトラの他地域も幾多の物語や伝説が古文書に構成されている。
その中で有名なのがアチェ海軍によるマラッカを攻撃する背景にした英雄的な著名人を物語るHikayat Malem Dagang(アチェのヒロイズム長編詩)、その他にHikayat Malem Diwa(古代文学伝説のアチェ神話の英雄著名人)、
Hikayat Banta Beuransah, Gajah Tujoh Ulee, Cham Nadiman, Hikayat Pocut Muhammad, Hikayat Prang Gompeuni, Hikayat Habib Hadat, Kisah Abdullah Hadat, Hikayat Prang Sabi.


最も有名な文学作品の一つはBustanus Salatin(1636年 アチェ王国の回教学者で顧問のNuruddin al-Raniriによって書かれた作品)、Nuruddin al-Raniri作品他には
Tajus Salatin1603年(群島王達への指針となる本)
*Sulalatus Salatin1612年(王と王族を育てる描写)
*Hikayat Aceh1606-36(アチェ長編詩集)

Nuruddin al-Raniri以外の貴いアチェ詩人はHamzah Fansuri(文学者で神秘主義学の回教学者)。

宗教作品
アチェ回教学者たちは東南アジアで広く使われた宗教分野の作品に大きく関与した。Syaikh Abdurrauf (アチェで最も高名な回教学者)コーランを翻訳出版

軍事
オスマン帝国のセリム2世時代、アチェに武器の製品及び技術が送られた。更にはその後アチェはその能力を吸収し、大砲製造をも
【アライ王国 kerajaan Arai 】
13??-アチェ南西Pedirに位置しFederasi Hulubalang XIIの一部分でありアチェ王国傘下の王国。
【アル又はハル王国 kerajaan Aru atau Haru】
現在はタネカロ(Taneh Karo又はTanah Karo:北スマトラ最大部族カロ族の呼称)として知られる。かつて北スマトラ東海岸に於いて設立した王国。この王国の名はPararaton(又はSerat Pararaton中世古代ジャワ語で構成されたジャワ文学本)1336年の中に"パラパの近い誓い"として記載されている

ガジャマダ(Gajah Mada:マジャパヒト王国で非常に影響力のある軍人)記述には"軍人の長として断食は離したくないが、"Gurun, Seram, Tanjung Pura, Haru, Pahang, Dompo, Bali, Sunda, Palembang, Tumasikを打ち負かしたら断食を切り離す"としてる。

逆に1365年Kakawin Nagarakretagama(ジャワ文学で最も有名なEmpu Prapancaの作品)ではその記述が無い

ポルトガル文筆家Tome Piresの要約書Suma oriental(1512-15)ではこの王国は広大な領土を持ち外国船で賑やかな港を持つスマトラで最も大きな支配者の強力な王国としている。同氏は当時のマラカ海峡を通過する船舶の交通制御実施するアル王国の海軍艦隊の凄さを記述している

Sulalatus Salatin(古代ジャワ語とマレー語の作品)では、マラカ王国(Malaka)やパサイ王国(Pasai)と匹敵すると記述。

ハル王国のロケーション
ハル王国中心地については幾つかの議論がある。マレー語教育者のWinstedtは後のDeliに位置しており、Panai川河口にに存在したと。その他に北スマトラ南のBarumun川河口説也、メダン北部Belawan、メダン北西部Langkat等々

【歴史】
1292年マルコポーロの記録ではアル王国への記述はなく、スマトラについては8つ王国に触れている

■Peureulak(Ferlec)王国:840-1292年間東アチェ・プルラックで繁栄した王国
■Fansur(Barus)王国:
Pardosi王朝により設立されたスマトラ島シンキル地区の王国。
■Peusangan(Basman)王国:かつてプサンガン(現アチェ州ビルエン地区)に存在した王国
■Samudera(Pasai) 王国:
1267年に設立したスマトラ北海岸地域のイスラム王国
■Pidie(Dagroian)王国:
かつてスマトラ・シギル(Sigil)地区に存在したアチェ王国傘下の王国

上記以外の3つには記録はないが、他の情報源ではLamuri王国(アチェ王国より歴史がある)とBatak王国(
北スマトラ島中部に存在したの王国)ではないかと推察されている.

ハル王国が始めて中国の書紀に出現したのは元時代。1282年中国にてモンゴル帝国クビライ・カーンがハル王国支配者の従う事を要求、1295年ハル王国支配者の兄弟が貢納品を送り受入れられた。

ハル王国にイスラム教が入ったのは遅くとも13世紀とされる。パサイ(Pasai)王国より以前にイスラム教を信仰していた可能性がある。住民は暫くの間イスラム教を受入れていなかった。北スマトラとマラッカの小さな王国の支配者は、アル(Aru)と呼ばれる国の死刑執行者として食人族を持っていた。ポルトガルの冒険家Mendes Pintoの記述によると、スマトラの北東海岸に「アアル(Aaru)」コミュニティの存在を表し、イスラム教徒の王を訪問。その約20年前、ポルトガルの探検家で文筆家のDuarte Barbosa は、その当時異教徒信者の食人族達に支配されていたアル王国について記録していが、情報源の食人行為見つける事が出来なかった。

15世紀明朝の歴史では、ハル王国支配者である"Su-lu-tang Husin"が、1411年中国に敬意を表したと記録。一年後、ハル王国に中国の海軍大将チェンホ提督の艦隊が訪れる。1431年チェンホがハル王国へ贈り物を送ったが、ハル王国は再び貢納品を送る事は無かった。その当時ハル王国はマラカ王国とマラッカ海峡の海洋権力を争うライバルとなる。両王国の紛争はSuma Orientalとマレー歴史の両方に記述。

16世紀ハル王国はSelat Malakaに於いて重要な勢力の一つであった、他にパシル王国、1511年マラカを支配したポルトガル、そしてビンタン(Bintan)へ遷都したマラカ王国。ハル王国はポルトガルと良い関係を結び援助。1526年ハル王国はパサイ王国を襲撃し数千名の住民を殺戮。ハル王国とマラカ王国の関係は以前より良好になる。そしてマラカ王国は娘をハル王国サルタン・フセインと結婚させた。1526年ポルトガルがビンタンからマラカ王国を追払った後、ハル王国はマラッカ海峡最強国の一つになる。ハル王国の野心はアチェ王国出現によって堰き止められる。1539年ポルトガルは2度アチェを攻撃、そしてハル王国Sultan Ali Boncarがアチェ軍によって殺される。妻、女王は後にマラカのポルトガルやジョホール(マラカ王国の後継者)へ救済を求める。1540年ジョホール艦隊がハル王国の地でアチェ艦隊を撃破。

1564年アチェは再びハル王国を征服。再度ハル王国はジョホールの援助を受け独立に成功。だが、16世紀末ハル王国はアチェとジョホール間の闘争の駒に過ぎなかった

新しいハル王国の独立は、1607年に王位に即位したアチェ王国Sultan Iskandar Muda治世で終焉する。1613年Sultan Iskandar Mudaからオランダへの書簡では、アル王国での戦争実施へ海洋から象を70頭及び多大な武器運搬してアル王国は確保。そしてアル王国はデリ王国へ名称変更と。

1669年ハル王国領土はアチェ王国から独立しデリ王国の名称となる。結果1720年の政権交代に葛藤が起こり、1723年デリ王国の破滅とスダン王国(Sedang)の創設の原因となる

社会・経済・文化
ハル王国と住民はイスラム教を受け入れる。1416年Yingyai Shenglan(Cheng Hoに同行した中国人イスラムMa Huanの記述書)に記載されている。パサイ(Pasai)王国古典文学とマレーシア歴史では、その王国がイスラム化されたのは13世紀半ばNakhoda IsmailとFakir Muhammadによるものと

中国の記録ではハル王国の結婚式、埋葬、言語、職人、農作物等の風俗習慣はマラッカ(現マレーシア)、サムドゥラ(Kesultanan Samudera Pasai)、ジャワに似ているとされる。市民の稼業は漁業と農業。しかし、この地では稲作農耕は適さないので住民の大部分は椰子、バナナ、香のような林産物を探す。彼らは同様に家畜、アヒル、山羊等を飼育。住民の一部は牛乳を摂取。森へ行く時は自身を護る為に毒矢を持参する。布で身体の一部分を纏っている。大地の生産物は外国人商人の陶磁器、絹、ビーズ等の品々と物々交換される。

ハル王国の中華街の考古学遺跡は中国やインドとの貿易関連を持っていた事を示しているがMa Huanの記載ではパサイ(Pasai)王国やマラッカ(Malaka)王国とは異なり、15世紀ハル王国は大きな貿易の中心ではなかった。この王国は中国への訪問活動に於いて商人の関心を引く競合がやや劣る。(パサイ、マラカより)。その後ハル王国は海賊へ注意を向けた。

【アルン王国 kerajaan Arun】
スマトラ島ムルウドゥに位置しFederasi Hulubalang XIIの一部分でありアチェ王国傘下の王国。
【アンデウ ダン ララ王国 kerajaan Andeue dan Lala】
スマトラ島に存在したアチェ王国傘下の王国
【イディ ジュッ王国 kerajaan Idi Tjut】
アチェ王国傘下ウェ島を収めた王国。
【イディ ブサール王国 kerajaan Idi Besar】
アチェ王国傘下ウェ島を収めた王国。
【イボイ王国 kerajaan Iboih】
アチェ王国傘下スマトラ島シグリ地区、ウェ島を収めた王国。
【イロット王国 kerajaan Ilot】
アチェ王国傘下ウェ島を収めた王国。
【インダマール王国 kerajaan Indamar】
かつて西スマトラに存在した小王国
【インデラプラ王国 kerajaan Inderapura】
1347-1792年現在の西スマトラ州南プシシールで繁栄した王国は現在のブンクル州とジャンビ州境界の西スマトラ州南プシシル県地区に存在した。この王国はかつてパガルユン(Pagaruyung)王国の傘下であったが自力で設立し国内外における政務等を自由に行った。王国の繁栄時代は北部のパダンから南部のフライ川に至るスマトラ西海岸地区カバーする。インデラプラの最重要製品は胡椒と金。

インデラプラはUjung Pagaruyungとしても知られている。Pagaruyung権力が弱体化した15世紀、ミナンカバウ海岸地区以外のインデラギリ、ジャンビ、インデラプラ等いつかの地域は各自に委ねられた。しかし、インデラプラの新しい発展はマラカ(Malaka)がポルトガルの手に落ちた1511年大部分のマラッカ海峡経由がスマトラ西海岸とスンダ海峡に変化し貿易の流れが変わる。インデラプラの発展と勢力拡大は主に胡椒によるもの。

実際の設立がいつだったのか正確には知られていなが、同地区で胡椒貿易が過熱し始めた頃と一致していると考えられている。16世紀半ば胡椒栽培を推奨された。アチェ王国がPariaman(パダン北西)迄勢力拡大を行う。インデラプラ王の娘(Raja Dewi)とアチェ王の弟(Sultan Husain Ali Riayat Syah)との婚姻関係を通じてインデラプラはそれを友好を結ぶ事で阻止。この婚姻関係を通じてアチェ王国の大きな影響によりインデラプラは経済強化する。1576年インデラプラの高官達は国王の息子を共謀殺害し、Raja Dewiの夫をSultan Sri Alamの名でアチェ王国玉座への道を開いたと言われている。しかし、その政権はアチェのイスラム指導者達との対立から排除され3年と持たなかった。

オランダの記録に基づくと1616年インデラプラはItam王政権の豊かな王国でありおよそ3万の住民が胡椒・米農業を営む。1624年Besar王時代、VOC(東印度会社)は港へ接岸しなければならない手間を省き農作品収集を直接船へ積込み且つ税金を自由にとされた締結を成功する。インデラプラは引き続き免税港を設けて経済を活性化せさた。

1633年アチェ王国による遠征後、1637年迄インデラプラはこれまでの農業生産量を引き上げる事が出来なかった。アチェの影響が衰えた時、スルタン・ムジャファファ・シャーは権力強化を始るめ。後の1660年頃に玉座に就く息子スルタン・ムハマド・シャーとオランダ、イングランドとの外交関係を結ぶ。

イスカンダール・ムダ(Iskandar Muda)傘下時、アチェ王国はマレー半島の胡椒生産の国々と戦争をしながら西スマトラ海岸地域の胡椒の独占販売を掴む強化を図る。TikuとPariamanに於けるアチェ王国の厳重な制御の胡椒販売は北部の港を通るインデラプラの貿易に脅威、その為インデラプラは南部のSilebarにて港の開発を開始する。

インデラプラはアチェ王国からの納税から避ける様努める。これにアチェが逆鱗し1633年インデラプラを罰する為艦隊を送り込む。インデラプラを支配するPuti王や高官は死刑となり、多くの人が捕虜となる。アチェはインデラプラにRaja MalfarsyahをRaja Putiとして任命

Iskandar Mudaの後継のSultan Iskandar Tsaniの下のアチェ制御が弱体。妻でIskandar Mudaの娘であるTajul Alam女王政権時代にオランダ(VOC)へ変えられ始める。

1662年Muhammad Syah王がオランダにインデラプラの抵抗を消す助けを求めたの時よりVOCの圧倒的支配が始まった。この抵抗は母系に基づくインデラプラ玉座の権利を有するAdil王の要求により引き金を引かれた。結果、やむなくインデラプラ王及び父親、親戚縁者は逃亡。その後1663年Sultan Mansur Syahはバタビアへ送られVOCは胡椒の独占販売権と金鉱労働の権利を獲得の合意に調印。1663年10月インデラプラ政権が回復。そしてインデラプラスルタンはManjuto(北ブンクル)支配の代表としてのAdil王と認証。

Muhammad Syah時代インデラプラは後にSultan Muhammad Syahの妹と結婚するDaeng Maruppaから指導を得ているブギス族の船員らの訪問を受ける。その後、Sultan Seian称号のDaeng Mabelaを授かる。英国の記録ではDaeng Mabelaは1688年、イギリス東印度会社へのブギス軍司令官になる。

Sultan Muhammad Syahは息子のSulutan Mansur Syaに代が変わる。その若い政権には高額な税が課せられ、且つVOC貿易の独占占有商品が再び現れ人民から不満が出ている。しかしその最中の1696年Sultan Mansur Syahは他界しPesisir王へ玉座が変わる。Pesisir王は6歳の為祖母が後継人として政務を行う。インデラプラ住民の抵抗はピークに達し、Cingkuak島のVOC駐地破壊を引起す。VOCはその行為に対し復讐を図り軍隊を投入しインデラプラの制御に成功。

1792年VOC司令官とインデラプラ王が対立しVOCの守備隊がインデラプラを襲撃、インデラプラ王はブンクルへ避難した事でインデラプラは終焉を迎えた。インデラプラ王は同地で1824年死去。

インデラプラの語源はサンスクリット語の「王の町」を意味する。インデラプラの当初はスマトラ島西海岸地区のミナンカバウから異郷の地。異郷の地としてインデラプラはPagaruyung任命代表による主導される。そして後にSultan称号する。インデラプラ王はAlam王またはYang Dipertuan Pagaruyungの息子として識別。
【インドラギリ王国 kerajaan Indragiri】
1639年設立、1745年ジョホールから独立した東スマトラの王国
【エンジュン王国 kerajaan Enjung】
ペディル(Pedir)王国からのフルバランス(Hulubalangs)連合国でアチェ王国傘下の王国。
【カラン王国 kerajaan Karang】
スマトラ・タミアンに存在したアチェ王国傘下の王国
【カワイ16王国 kerajaan Kawai ⅩⅥ】
スマトラ地区に存在したアチェ王国傘下の王国
【カンポンラジャ王国 kerajaan Kampong Raja】
1630年ビラ王の子により設立したスマトラのの王国
【ギヘン王国 kerajaan Gighen】
アチェ王国傘下スマトラ・シグリ町に存在した王国でHulubalangⅥ連合に属する王国。
【クジュルアンムダ王国 kerajaan Kejuruan Muda】
スマトラ・タミアン地区に存在したアチェ王国傘下の王国
【グドン王国 kerajaan Gedong atau Geudong】
16世紀設立アチェ王国傘下スマトラに存在した王国。
【グヌンサヒラン王国 kerajaan Gunung Sahilan】
359.12km2有する東スマトラの王国。Gunung Sahilan王国の設立はマレーシア王国支配者Mauli王朝後継者の一人Adityawarmanによる設立したPagaruyung王国から切り離せない。設立当初時期は16-17世紀と考えられている。政権の王はPagaruyung王国のPagaruyung王又はMuda王の後継者。Gunung Sahilan王国は18世紀パディリ戦争でPagaruyung王国が崩落後、主権国家として設立。称号を“Tengku Yang Dipertuan Besar”とした。

Gunung Sahilan王国の基本閲歴では最期の王はTengku Sulung Dipertuan BesarとTengku Haji Abdullah Yang Dipertuan Sati(摂政1930-1945)とされている

2人の王はTengku Ghazaliに王座を引き継がせたかったがインドネシアが既に独立を果たしている為、即位の機会を失いGunung sahilan王国はインドネシア共和国に合流し
失ってしまう。

Gunung Sahilanは当初Gunung Ibulの名前を持っており、場所も1キロ程離れた場所にあり幾つかの痕跡を見る事が出来る。当時は仏教を信仰していた。

Gunung Sahilan王の系譜:
1) 1700-1730: Tengku yang Dipertuan Bujang Sati bergelar Sutan Pangubayang.Pagaruyungで死去
2) 1730-1760: Tengku Yang dipertuan Nan Elok, Mekahで死去
3) 1760-1800: Tengku yang Dipertuan Muda I. Laut MerahのGameran島で死去.
4) 1800-1840: Tengku yang Dipertuan Hitam, Gunung Sahilanで死去.
5) 1840-1870: Tengku yang Dipertuan Abdul Jalil Khalifatullah, Jeddahで死去.
6) 1870-1905: Tengku yang Dipertuan Besar Tengku Daulat.
7) Tengku Abdurrahman yang Dipertuan Muda.
8) 1930-1945: Tengku Sulung yang Dipertuan Besar, (Raja Adat)
9) 1930-1945: Tengku Haji Abdullah Yang Dipertuan Sati, (Raja Ibadat).
10) 1939: Tengku Ghazali (putra Mahkota) 1939年任命されるも即位ならず

王宮内には幾多の遺品(小型大砲、素焼きの水差し、銅鑼、槍、剣、傘、瓶、ベッド、写真等)を見る事が出来る。
【グルンパンパジョン王国 kerajaan Glumpang Pajong】
アチェ王国傘下スマトラ・シグリ地区に存在した王国。
【グンパン王国 kerajaan Geumpang】
アチェ王国傘下スマトラに存在した王国。

【ジャンビ王国 kerajaan Jambi】
1687年南スマトラ設立、53,206km2を所有。ジャンビ王国は現在のジャンビ州Batang Hari川縁に所在するイスラム王国。北側ではIndragiriやSigunturやLima Kota等の幾多のミナンカバウ王国と境界している。南側はPalembang王国(後のKeresidenan Palembang王国)と境界している

ジャンビはkerinci渓谷も制御するが治世の終焉には名目上の権力はもはや気にされていない。ジャンビ王国はスマトラで一番長い川が流れるBatang Hari盆地で発展した。この川は地域の大黒柱であり主な輸送手段の要だった。

ジャンビの人口は比較的密でない。1852年人口は最大で6万人と考えれており、東ジャンビには殆ど居住者がいない。Batang Hari川やTembesi川の郊外にムラユ族が居住し、森にはクブ族が居住。バティン族がJambi Hulu地区に居住。ミナンカバウからの来た者をペンフル族と呼ばれる。

ジャンビ地域はかつてマレー王国の領土であり、後にスリビジャヤの一部となった。14世紀末ジャンビはマジャパヒトの臣下であり、17-18世紀ジャワの影響が色濃く残る。

ジャンビ王国はこの地のイスラム教が起き上がるのと同時に設立された。1616年時点でジャンビはスマトラ島でアチェに次ぐ豊かな港町。1670年、ジャンビ王国はジョホールやパレンバンなどの近隣諸国に匹敵していた。しかし、その繁栄は長続きしない。1680年代、ジャンビ王国はJohorとの戦争及び内部紛争後、主な胡椒港としての地位を失う。

1903年Sultan Thahaの息子のRatu Martaningratがオランダへ投降しジャンビはパレンバンと地域合流する。1906年ジャンビ王国は東印度会社により解散された。

ジャンビ王国の摂政はスルタン王が執り行っていた。王はKraton,kedipan,Perban,Raja Empat Puluhの4貴族から選出。又、日常の政務を制御する女王選出も行う。政務を行う中で女王は貴族組織からの重鎮や顧問協議会達から支援を受ける。スルタンは外界への代表と統一として機能する。
【ジュロチュト王国 kerajaan Julo Cut atau Julo Tjut】
かつて存在したアチェ王国傘下の王国
【ジュロラジュ王国 kerajaan Julo Rajeu】
かつて存在したアチェ王国傘下の王国
【ジョロックジル王国 kerajaan Jolok Ketjil】
かつて存在したアチェ王国傘下の王国
【ダルマスラヤ王国 (又はmelayu Jambi王国)kerajaan Dharmasraya】
11世紀、現在のスマトラ西サワルント(Sawahlunto)南及びジャンビ北部に設立された王国。1025年、インドからのチョラ王国の攻撃にスリウィジャヤ王国が壊滅後、スリウィジャヤ王国貴族・高官は主にBatang Hari上流の内陸部へ敗走。その後、旧ムラユ(Melayu)王国と合流。

1088年、ダルマスラヤ王国はスリウィジャヤ王国を征服。その地はかつてスリウィジャヤ王国が治めた地。1288年、シンガサリ王国を征服。

この国の系譜が大切で13世紀Shri Tribhuana Raja Mauliwarmadhewa王は王妃(Puti Reno Mandi)を迎えダラ・ジンガ(Dara Jingga)とダラ・ぺタッ(Dara Petak)の二女をもうける。Dara JinggaはAdwaya Brahman(シンガサリ王国の高官)と結婚し、男児Adityawarman(後にPagaruyung王国を設立、祖父の後継者となる)を授かる。

ダルマスラヤ王Mauliwarmadhewaはパレンバン旧スリビジャヤ王国地を含む植民地と共にダルマスラヤ王国の支配者となる。Adityawarmanの子Ananggawarmanが後にパレンバンの支配者になる。Dara Jinggaはミナンカバウ社会の母となった。

1293年Mahesa AnabrangとDara JinggaとAdityawarmanはジャワ島へ戻る。Dara Jinggaの妹Dara Petakも帯同する。ジャワ島に到着後シンガサリ王国は壊滅、後進はパジャパヒト王国。故にDara Petakをマジャパヒト王国設立者初代王Raden Wijayaへ捧げられた。後にRaden kalagemet(マジャパヒト2代目)を授かる。
【ドゥナイ王国 kerajaan Denai】
かつて46km2を有するスマトラ東に存在した王国。
【ドロッシラウ王国 kerajaan Dolok Silau】
14世紀 シロウ(Silou marga Purba Tambak)王国内でシロウ王の子供間が内戦を勃発。結果、プルバシダスハ(Purba Sidasuha)とプルバタンバックロンバン(Purba Tambak Lombang)と、それぞれの氏族でのドロッグシロウ(Dolog silou)王国とパネイ(Panei)王国を設立。

シロウ王国は東スマトラで最も古く広がっている王国のの一つ、ナグル・ボラッグ・シロウ(Nagur Bolag Silou)に名前を変えナグル(Nagur)王国の後継として同盟国を形成するもアチェの影響によりこの同盟国はそれぞれ自立し4つの王国になってしまう。シロウ(Silou)・パネイ(Panei)・シアンタル(Siantar)・バタンイオウ(Batang Iou:後にTanah Jawa)

Silouは王国は再分裂を起こし、ドロッグシロウ(Dolog Silou)・シリマクタ(Silimakuta)・プルバ(Purba)・ラヤ(Raya)と4つの新しい小国になっていった。この様にシマルングンでは7つの王国が出来上りオランダ植民地時代迄続くた。Marga Purba Tambakはsシラウ王国の系譜を表す語

Purba Tambakの系譜の最初はPenghulu Tambak Bawangの称号を持つJigou。2番目の後継者もPenghulu Tambak Bawangの称号を持ちシラウボラック(Silau Bolak)に所在を置いてシラウ王(Raja Silau)として即位され、同時にドロックシラウ(Dolok Silau)の歴史が始まる。第13代称号Tuan Bandar Alam Purba Tambakドロックシラウ王が東スマトラ社会革命により最期の王となる。
【バジュ王国 kerajaan Baju】
スマトラ島アチェ王国の傘下王国。
【バタック王国 kerajaan Batak】
2世紀初頭、現インド・カリンガ王国のコリン(Kholing)部族が訪れブニアン(Bunian:その昔の古代人)の人々の生活へ社会制度、哲学、共生原則の構築を始める。その後、彼らは後に"バタック"と呼称される”バタハン”の地に王国を設立(Gunungtau現マディナ)。それ以前は均質な種族で成り立っていた為「一族・氏族」を有していなかった。

当時のバタック王国はインドとブニアンのイデオロギーが共通目標になっており2つの信奉を準拠していた。当時信奉された宗教はマリム(Malim)教と呼称される古代ヒンドゥー教。その後マリム教はバタック王国市民生活の中にヒンドゥー教が伝承。このヒンドゥー教を伝えられたマリム教は後にパルマリム(Parmalim)教へ変化。

バタック王国最初のマリム王はインドHindu Vubrugru教出身の'ADI SRI VUBRA RAJA'教えは徐々にバタック王国地域に広がる。インドからの僧侶は'Batara Guru'の名称で王国顧問として最上位のポジションに置かれた。マリム間で彼らは宗教に於ける主導の為に'Raja Malimの称号の長老を選ぶ。王国住民の中から王を一人を選びSirajai Jolmaと呼ぶ

時間の経過と共にバタックはとても急速に発展する。彼ら香辛料・ヤニ・樹液・加工に長けていた結果、各国で王国の地も名も有名になる。バルス(Barus)は2-10世紀当時は様々な文献(中国・ユダヤ・アラブ・ギリシャ・シリア・エジプト・アルメニア等)にて戦略的な貿易港とされている。当時の外国人商人(中国・インド・エジプト等)はこぞってバルスを訪れている。

ギリシャ王国の派遣者の一人がクラウディオス・プトレマイオス(古代ローマ学者)はアジア大陸航海を熱望と表現している。クラウディオス・プトレマイオスはアンダラス(スマトラ島)に位置する「バルス港」についての古代地図を作成している。

この当時エジプト人がバルスへミイラや死体を保存への香料や樟脳貿易に来る。インド人や中国人は宗教行事で使うお香等へのヤニ・樹液や樟脳を求めた。この当時の旧バタック王国の経済、文化、文明が進んていた事は既に知られていた且つ宗教、軍事、国家に於いては高等教育も有していた。

歴史学者科学社会学人類学、及び考古学の研究の結果では旧バタック王国はパルマリムと呼ばれるヒンズー教の教えを受け入れている事が証明されている。バタハン地方(現マディーナ)に幾つかの寺院が残る。
1.Candi portibi 2.Candi Pulo 3.Candi Bara
4.Candi TandihatⅠ 5.Bairo Bahal
6.Candi Manggis 7.Candi Sisangkilon
8.Candi Sipamutung 9.Candi TandihatⅡ
10.Sitopaon

これら寺院はバタック王国がヒンドゥー教であり、10世紀に急速な発展をした事の証明としている。しかし、残念ながら上昇中のバタック王国はインドのチョラ王国に襲撃される。その当時インドのチョラ王朝(皇帝ラジェンドラ・チョラ)と明王朝との間が敵対関係になり、その原因によりチョラ王朝はバタック王国に明王朝との貿易を絶つ様求めたがバタック王国はそれを無視した事で、1024年チョラ王朝の攻撃を受け戦争となり、この戦は4-5年続いた。

当時遂行された戦争は上昇の破壊だけでなく、バタック王国での貿易システムも破壊した。当時のバタク王国の支配者を殺さなかったチョラ軍の行動によって証明されている。おそらく彼らはインド出身同志の認識があったと言われている

戦争が終結後チョラ王朝はバタハン(現Mandailing)地区より軍を撤退しインドへ戻る。しかし、軍の中にはインドへ戻りたくない者がおり残留した。残留者は集団化しバタック王国南海岸側に滞在する。そしてこの集団残留者達は自らを'バタックアンチョラ'と称した。既に先住民との婚姻者がいたからだ。後に'Batak Angkola'と呼ばれる。そして4つの王国に分散していった。
1.Raja Maropat Silindung
2.Raja Maropat Samosir
3.Raja Maropat Humbang
4.Raja Maropat Toba
【バトゥカンクン王国 kerajaan Batu Kankung】
かつて存在した西スマトラ島の王国。
【バルス王国 kerajaan Barus】Dinasti Pardosiにより設立されたスマトラ島シンキル地区の王国。
バルス王国は北スマトラ、中部タパヌリ、バルスに位置するイスラム王国。政府を運営する上でバルス王国はミナンカバウの村のように民主的。審議とコンセンサスの場としての「ホール」がある。王国に於ける意思決定が各社会の機能を果たすバルス王国はSultan Ibrahimsyahにより設立され、19世紀にオランダの植民地支配により終焉

【出自・起源】
バルス王国、又はそれ以前はFansurとして知られた王国は何千年も前から金塊・樟脳貿易を行っている古い港の一つ。題名Tuanku Badan Kesultanan Barusのバルス王国書紀によると、インドラプラ(Indrapura)王国一族がアチェから南プシシール、タルサンへ移った事が起源。それより後に彼らはバルスへ到着する迄北進。

その書紀によるとバルス王国はミナンカバウの南プシシール、タルサン出身Tuanku Sultan Muhammadsyahの息子Sultan Ibrahimsyahによって設立された。Sultan Ibrahimsyah (Ibrahim)はバルスへ出国した後、タルサン一族と敵対。彼はスマトラ西海岸をバタントル(Batang Toru)へ到着迄行く。ここから内地のシリンドゥン(Silingung)へ向かう、シリンドゥン(Silingung)社会はトバシリンドゥン(Toba silindung)王として任命される。シリンドゥン(Silingung)にてIbrahimはミナンカバウの場合と同じような4つの首長機関を形成する。この首長はシリンドゥンにて代理としての機能を持つ。更には彼はバカラ(Bakara)を目指し地元指導者の娘と結婚。そのバタックの娘からSultan IbrahimはSisingamangarajanの名前の息子を儲ける。

それ以降、彼はパサールイブ(Pasaribu)へ行程を継続する。そこの地元社会では名前と来訪目的を尋ねられる。王を喜ばせる為IbrahimはBakaraから来てPasaribuの名を付けに来たと答える。彼の姓のイブラヒムとの類似性を聞いて、パサリブ王は非常に満足。その後、Ibrahimに滞在する様頼まれるも、Ibrahimはこの地は適していないと感じる。そして、4族の王と海岸線を進む。この場所はBarusと呼ばれ、南プシシール・タルサン小さな村の名前に似ています。この地でTuanku Sultan Ibrahimsyahのタイトルで王に任命された。

【歴史】
14世紀バルス王国(Barus)はパガルユン(Pagaruyung)王国の港の一つでありティク(Tiku)とパリアマン(Pariaman)と一緒になりスマトラ島の貿易港の地になる。1524年バルス王国はアチェ王国傘下に下る。この王国のポジションは後に1688年迄アチェ王国の家臣となる。アチェ王国占領期間バルス王国の住民の多くがイスラム教になった。アチェの占領中、以前の異教徒のBarus居住者の多くはイスラム教徒になった。

【歴史】
その発展の中で、バルス王国は内陸トバからシリンドゥンを率いるフル王国とバルスからバタハンに居住するミナンカバウ人を傘下に置くヒリール王国の2人王に率いられる。この2の王国を設置でバルスはアチェ王国の圧倒的支配に対して利益を与える為の目的を持ちバタック王国の地位を正統化する。1668年東印度会社(VOC)が入ってきて以来2人の王は異なる姿勢を持つ。フル王は東印度会社(VOC)を拒絶しアチェ王国へ忠誠を誓う。一方のヒリール王は受入れ、バラスの地でアチェ王国の独占に反抗する。19世紀、バルス王国は蘭領東印度の支配下の存在に、そしてパダン(Padang)中心の行政区画の一部になる。
【バルスジャへ王国 kerajaan Barusjahe】
かつて存在した東スマトラ島の王国。
【バンビ オエノエ 又は バンビ ウヌ王国 kerajaan Bambi dan Oenoe atau Bambi dan Unu】
スマトラ島シグリ(Sigli)地区に存在しアチェ王国の一部である王国。Hulubalang VI(軍隊リーダー組織)連合の一員。
【バンベル王国 kerajaan Bambel】
スマトラ島アチェ王国の傘下王国。
【ビラ王国 kerajaan Bila】
かつて東スマトラ島に存在した王国。
【ビングイ王国 kerajaan Bingei】
かつて東スマトラに94.53km2を所有していた王国。
【ブギン バゴー王国 kerajaan Buging dan Bagoh】
かつてアチェ王国傘下とてい存在した王国。
【ブダガイ王国 kerajaan Bedagai】
デリ王国一部分を納め337.52km2を有する東スマトラ島の王国。スルダンブダガイ県、ブリンギン市、プカン村のJamik Ismailiyahモスクに栄光と名声の跡が残る。建物を頑丈に支えている回廊の壁と柱が魅力的。その独特さと構成は様々な外部要素の影響を受けて地域の貴族色融合。ブダガイ王国の基本色の装飾色は黄色、白、青。このモスクは1882年にTengku Ismailの命により建立。
【ブトン王国 kerajaan Beutong】
アチェ王国傘下のスマトラ島の王国。ブトン王国国土跡は現在のNagan Raya県Butong Banggala市に位置しておりAceh Tengah県Pameu地区の一部も国土であった。この国は以前はイスラム教でない北スマトラ出身の王が所有してたがTueku Raja Beutong Benggalang(初代王)が戦争を行わない戦術と政策で王宮から王や高官を追い出す。

Tueku Raja Beutong Benggalangはこの国で公平な政策主導を始める。豊かな農業の成果で国民は豊かに健康に過ごせた。その後、この地にプディル王国(現Pidie県)の国の一つの名前から「Beutong」と命名。

ブトン王国初代王はTeuku Raja Beutong Benggalang。Pedir(現Pidie県)王国出身。在位1735-1760年
2代目:Teuku Raja Beutong Chik.Teuku Raja Beutong Benggalangの実子
3代目:Teuku Raja Beutong Dalam.Teuku Raja Beutong Chikの実子
4代目:Teuku Raja Beutong Abdullah.Teuku Raja Beutong Dalamの実子
5代目:Teuku Raja Beutong Ali Nafiah.Teuku Raja Beutong Abdullahの実子
6代目:Teuku Raja Beutong Banta Tjut.Teuku Raja Beutong Abdullahの実子

日本軍占領時代(1942-1945)には最期の王Banta Tjutはその主権を認められていた。1946年アチェ社会革命で王国は失われる。王国の遺品(王冠、衣服、剣等)は最期の王の孫によって現在も保管されている。
【ブランマンガッ王国 kerajaan Blangmangat】
アチェ王国傘下の王国。
【ブランメ王国 kerajaan Blangme atau Blang Meh】
アチェ王国傘下の王国。
【ブランプディール王国 kerajaan Blang Pedir atau Blangpidie】
アチェ王国傘下の王国。
【ベシタン王国 kerajaan Besitan】
かつて165km2を有する東スマトラ島の王国。
【ボガスクドゥア王国 kerajaan Boga Sukudua】
かつて東スマトラ地域に存在した王国。
【ボバサン王国 kerajaan Bobasan】
アチェ王国傘下の王国。
【ボホロック王国 kerajaan Bohorok】
ボホロック王国は東スマトラに19.92km2所有した王国。現在の北スマトラ州ランカット県に位置している。Langkat王国形成の為Stabat(メダン北西部)とBinjai(メダン西)が統一。ボホロック王国は16世紀に設立

ボホロック王国は以前2つの川の合流点を意味する「Tanjung Melayu」と呼称されていた。Wampu川沿いの貿易に関与Pangkalan Brandan(メダン北西)より塩を購入していた。

農業用の土地耕作を促進する最初の王国であった。スタバット、ビンジャイラングカット王国を結成するもオランダの支配下に、ボホロック王国はオランダ配下のLangkat県となり、後にインドネシア政府配下に転ずる。

バホロック系譜
* Sutan Raja Husin
* Tengku Syahmardan bin Sutan Husin
* Tengku Panji Sakar bin Tengku Syahmardan
* Tengku Djukdin bin Panji Sakar
* Tengku Tan Deraman bin Tengku Djukdin
* Tengku Basir bin Tengku Djukdin, 1835年、オランダからへ逃亡
* Tengku Tan Perang bin Tengku Djukdin
* Tengku Lengkong putra Tengku Tan Perang
* Tengku Hasyim, pendiri Bohorok masjid 1935.5/27逝去
* Tengku Bahagi, adik dari Tengku Hasyim
* Tengku Saidi Husni, anak-in-hukum Tengku Hasyim
* Tengku Sembab, 1945年インドネシア独立

【クパヌハン王国 kerajaan Kepanuhan】かつて東スマトラに存在した王国




ティーエーエム TOPページへ

【スマトラ地区の王国】


【ジャワ地区の王国】


【ヌサトゥンガラ地区の王国】


【カリマンタン地区の王国】


【スラウェシ地区の王国】


【マルク地区の王国】


【パプア地区の王国】


【スマトラ王宮・王国巡りツアー お問い合わせからご出発迄の流れ】

予約1王宮・王国巡り手配に関するお問い合わせご質問は、お電話・メール・ファックスにてお問い合わせ下さい。目的に合せて最良の行程をご案内致します。
予約2大変恐縮ではございますが、お見積りには現地確認も含めまして1週間前後のお時間を頂戴しております。尚、宗教行事やレバラン等の大型連休の場合は更にお時間が必要な場合もございます。
予約3ご予約は行程と料金をご案内後にご判断下さい。ご予約の際にはパスポートと同じ英文名が必要となります。
予約4ご入金後、ご出発の1週間前位に航空券・御旅行手配書をメール添付にてお送り致します。

エージェント様からのオリジナル現地手配、コーディネート承っております。本気のインドネシアお届け致します。
この度は弊社インドネシア・スマトラ王宮・王国ページへご来店頂きまして誠にありがとうございます。弊社では様々なオリジナルのインドネシア現地手配・お手伝いをさせて頂いております。きっとご希望に添えるプランをご提供出来ることをお約束致します。お気軽にメール・ファックス・お電話にてお問合せ下さい。
バリ島ビーチツアーからパプアの辺境地迄、お一人様から完全オリジナルツアーをプランニング致します。
スマトラのサバン島から西パプアのメラウケ迄、インドネシア戦没者慰霊巡拝ツアーをオリジナルでプランニング致します。
日本発ガルーダインドネシア航空、インドネシア国内線各社航空券取り扱っております。
東ジャワ州、イジェン山、魅惑のブルーファイアツアー お一人様から
ビーチツアーから文化、伝統、慰問、表敬、祭礼ツアー迄、バリ島手配はお任せ下さい。
未開の地、魅惑の国 東ティモールの現地手配はお任せ下さい。
バリ島を経由して以遠へ、や、途中バリ島で立寄るプランに持って来いのプランです。
株式会社ティーエーエムインターナショナル ≪マイティーツアー≫
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル3F
TEL:03-3866-8500  FAX:03-3866-3070

mail:tam@mx4.ttcn.ne.jp
 会社案内

shop info.店舗情報

株式会社ティーエーエムインターナショナル

〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル
TEL.03-3866-8500
FAX.03-3866-3070