本文へスキップ

株式会社ティーエーエムインターナショナルは、インドネシア、東ティモール専門旅行会社です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3866-8500

〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル

パダンPADANG PDG

パダン インフォメーション

西スマトラ州、パダン市当社ではパダン Padang現地に於ける、航空券・ホテル手配・移動手段送迎・現地ツアーから視察訪問、表敬訪問、慰霊巡拝、歴史探索等々、あらゆるオリジナル手配を手掛けております。
現地スタッフも万全の体制で、そして全力投球でお客様のご旅行をサポート致します。まだまだ新しい何かを発見出来るパダンを是非どうぞ。 [大きな地図はこちらから]
行政区画
西スマトラ州 パダン市
中核都市
パダン Padang
空港
パダン空港 Bandar Udara Internasional Minangkabau
web site
http://www.padang.go.id/ [パダン]
時差
日本より2時間遅い
面積
694ku(秋田県横手市くらい)
人口
83.5万人(大阪府堺市くらい)
町のイメージ
外部の動画サイトによる町のイメージ

【パダン インフォメーション】

パダンは西スマトラ州一帯に住むミナン人、ミナンカバウ人又は、パダン人と呼ばれる民族が中心となって築いた大きな商業都市。ミナン人はインドネシアでは先を読み計算出来る商業に向いた民族と言われる。

都市部にオランダの東インド会社が植民地支配手先として使っていた中国人が住み、田舎にブリブミ(先住民)が住むという構図が多いインドネシアにあってパダンは華僑に支配される事無くミナン人が商業や流通の多くを動かしている。

1797年、海岸で起きたマグニチュード 8.5-8.7 の地震による、高さ 5-10 メートルとみられる津波によってパダンは徹底的に押し流され、浸水した。地震は多大な損害をもたらし、2人の死者を出した。一方で津波は Air Manis 村の家々を倒壊させ何人もの死者をもたらした。アラウ川に係留された船は、上流へおよそ1キロメートル流された 200 トンの帆船を含めて、陸地に押し流された。

1833年、ブンクル州沖に起こったマグニチュード 8.6-8.9 と見積もられる地震による、高さ 3-4 メートルとみられる津波に再び襲われた。パダンは地震により多大な損害がもたらされ、アラウ川の中で係留していたボートは津波のためにいかりを壊され、あちこちに流された。シンガポール地球観測研究所(EOS)のケリー・シエによると、近い将来パダン沖にMw8.8の海溝型巨大地震に見舞われると警告している。

独立時には人口約5万人の都市であった。コーヒーは未だに重要な産物であり、また内陸部の農場で作られるコプラも主な産物。人口の増加理由は一部の都市領域の成長の結果でもあったが、主には多くの発展途上国で見られる大都市への人口流入の結果であった。

【パダン 観光地、史跡、郷土料理、著名人】

【ムアラ港 Pelabuhan Muara】
ムアラ港
パダン郊外ムアラはオランダ植民地時代から利用されている港で、今でも多くの歴史的建造物が見られる。いくつかの建物は文化遺産となっており、中でもインド系のコミュニティによって建てられた淡緑色モスクが有名。又、第二の泰緬鉄道と呼ばれた幻のスマトラ横断鉄道の西側への中継地であった。[動画サイトの様子]
【アディティヤワルマン州立博物館 Museum Adityawarman】
アディティヤワルマン州立博物館アディティヤワルマン州立博物館は2.6ヘクタールの敷地に宝石類・有史以前の人骨・陶磁器・伝統的な道具類が集められている。建物はガジャ・マハラム形式のミナンカバウ人の伝統母屋。大東亜戦争当時の戦闘機の残骸が建物前にある。[動画サイトの様子]
【ブキティンギ Bukittinggi】
ブキティンギパダン市内から北へ90km。標高約900mに位置するブキティンギは涼しく冷たい澄んだ空気が美味しい。「高い丘」を意味するこの小さな町全体が一つの小さな丘になっている。北には動物園やミナンカバウ博物館、南には町のシンボル、ミナンカバウ伝統家屋を模した時計塔Jam Gadangがそびえる。[動画サイトの様子]
【ハッタ生誕の家博物館 Museum Rumah Kelahiran Bung Hatta】
ハッタ生誕の家博物館
ブキティンギにあるこの家は18690に建造し、1960年代に倒壊。その後再建され、1995年8月12日ハッタの誕生日に博物館となった。家具や品々も元々の位置を出来るだけ近い状態にしてある。床は竹と籐を編んで作られており、母屋・別館・穀倉・台所・馬小屋からなっている。[動画サイトの様子]
【パダン料理 Masakan Padang】
世界から賞賛されるパダン料理
パダンの料理・名物と言えば「そのまんま」パダン料理。今ではパダンの料理というよりインドネシアを代表する料理の一つである。テーブルに着くとドカドカドカっと料理の小皿がテーブル狭しと並べられる、時には写真のように2段になる事も、気に入った物だけを食べるシステム。勿論精算は食べた分だけ、店によっては定食(皿にご飯と幾つかのおかずをトッピング)にして食べさせてくれるところもある。[動画サイトの様子] その他インドネシアご当地料理はこちらからどうぞ
【モハマッド ハッタ Mohammad Hatta】
インドネシア共和国初代副大統領モハマッド・ハッタ(1902-1980)パダン郊外ブキティンギ出身。インドネシア共和国初代副大統領(1945-1956年)。初代大統領スカルノと共に民族主義・独立運動において主導的役割を果たす。独立後、スカルノ大統領、ハッタ副大統領の「双頭体制」で国家運営に重要な役割を果した。しかし、スカルノと対照的なハッタは次第にスカルノと対立。
1956年理由を語る事無く副大統領を辞職。両者の協力関係が崩壊。その後ハッタは政界復帰することなく、スカルノの「指導される民主主義」「9月30日事件」後のスカルノの失脚とその死、そしてスハルト体制の中1980年永眠。存命中は政界での汚職や不正に対する批判が高まると学生や知識人の間でハッタの政界復帰を唱える「ハッタ待望論」もあった。謹厳な人柄で、信仰心に篤かった。現在のジャカルタ空港にスカルノと共に名を残す。[動画サイトの様子]
【第二の泰緬鉄道・スマトラ横断鉄道】
スマトラ横断鉄道日本のスマトラ占領に於ける巨大プロジェクトのスマトラ横断鉄道建設。マラッカ海峡側とインド洋側との物資、兵員輸送を目的としたものだ。プカンバル〜ムアロ間220kmを結ぶ。測量開始から僅か2年半の期間で完成させるが皮肉な事に全線完成したのは1945年8月15日、日本が連合軍に無条件降伏した日であった。故に「幻のスマトラ横断鉄道」と呼ばれる。
エージェント様からのオリジナルパダン市、西スマトラ州現地手配、コーディネート承っております。本気のインドネシアお届け致します。
ティーエーエム TOPページへ

「パダン」へのインドネシア国内線ルート

スマトラ地区:
[ バタム JT QG ] [ メダン JT SJ ]
カリマンタン地区:
ジャワ経由
ジャワ地区:
[ ジャカルタ GA JT SJ ID ] [ ジャカルタハリム 3Y ID ] [ バンドゥン QG ]
西ヌサトゥンガラ地区:
ジャワ経由
東ヌサトゥンガラ地区:
バリ&ジャワ経由
スラウェシ地区:
[ マカサール(ウジュンパンダン)3Y ]
マルク地区:
マカッサール経由
パプア地区:
マカッサール経由
予告無く運休する場合もございますスケジュール詳細は事前にご相談下さい。

この度は弊社パダンインフォメーションページへご来店頂きまして誠にありがとうございます。弊社では様々なオリジナルのパダン(スマトラ島)現地手配・お手伝いをさせて頂いております。きっとご希望に添えるプランをご提供出来ることをお約束致します。お気軽にメール・ファックス・お電話にてお問合せ下さい。
インドネシア 各航空会社
GA Garuda Indonesia air ガルーダインドネシア航空 SJ Sriwijaya Air スリウィジャヤ航空 JT Lion Air ライオン航空 IL Trigana Air トリガナ航空
KD Kalstar Air カルスター航空 MV Trans Nusa Air トランスヌサ航空 3Y Kartika Air カルティカ航空 QG Citilink air シティリンク航空
IN Nam Air ナム航空 Timor Air ティモール航空 XN Xpress Air エクスプレス航空 ID Batik Air バティック航空
スマトラ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 MV=トランスヌサ航空 3Y=カルティカ航空 XN=エクスプレス航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
シナバン SNXJT
シボルガ SIX FLZGA JT
ジャンビ DJBGA SJ JT IN QG
シランギット DTBGA ID
タンジュンパンダン TJQGA SJ JT IN QG
タンジュンピナン TNJGA SJ JT XN IN
ドゥマイ DUMMV
ニアス GNSGA JT
バタム BTHGA SJ JT MV XN IN QG ID
パダン PDGGA SJ JT 3Y XN QG ID
パレンバン PLMGA SJ JT XN IN QG ID
パンカルピナン PGKGA SJ JT IN QG
バンダアチェ BTJGA JT ID
バンダルランプン TKGGA SJ JT XN
プカンバル PKUGA SJ JT XN QG ID
ブンクル BKSGA SJ JT IN QG ID
ムラボ MEQ:GA JT
メダン KNO MESGA SJ JT IN QG ID
ロクスマウェ LSW:GA JT
ルブックリンガウ LLG:SJ IN

ジャワ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 IL=トリガナ航空 KD=カルスター航空 MV=トランスヌサ航空 3Y=カルティカ航空 RI=マンダラタイガー航空 XN=エクスプレス航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
ジャカルタ JKTGA SJ JT IL KD MV 3Y RI XN IN QG ID
ジュンブル JBB:GA
ジョグジャカルタ JOGGA SJ JT XN IN QG ID
スマラン SRGGA SJ JT IL KD IN QG ID
スラバヤ SUBGA SJ JT IL KD 3Y RI XN IN QG ID
ソロ (スラカルタ) SOCGA SJ JT IL IN QG ID
チラチャップ CPX:
バニュワンギ BWXGA JT
ハリム(ジャカルタ) HLPSJ JT 3Y QG ID MV
バンドゥン BDOGA SJ JT KD XN QG
マラン MLGGA SJ JT XN QG ID

ヌサトゥンガラ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 KD=カルスター航空 MV=トランスヌサ航空 RI=マンダラタイガー航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
アタンブア ABUJT
アロール ARDJT MV
エンデ ENEGA JT KD MV
クパン KOE:GA SJ JT KD MV IN QG ID
サブ島 SAU
タンブラカ TMC:GA JT
デンパサール(バリ島) DPS:GA SJ JT KD MV RI IN QG
バジャワ BJW:JT MV
ビマ BMU:GA JT
マウメレ MOF:SJ JT IN MV
ラブハンバジョ LBJ:GA JT KD MV
ララントゥカ LKA:JT MV
ルトゥン RTG:MV
レウォレバ LWE:MV
ロテ島 RTI:JT
ロンボク島 LOP:GA JT QG ID
ワインガプ WGP:SJ JT IN

カリマンタン地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 IL=トリガナ航空 KD=カルスター航空 3Y=カルティカ航空 XN=エクスプレス航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
クタパン KTG:IL KD
コタバル KBU:KD
サマリンダ SRI:KD
サンピット SMQ:KD
シンタン SQG:KD
タラカン TRK:GA SJ JT KD ID
タンジュンセロール TJS:KD
タンジュンワルキン TJG:
ナトゥナ NTX:JT
ヌヌカン NNX:KD
バトゥリンチン BTW:
パランカラヤ PKY:GA JT QG
バリクパパン BPN:GA SJ JT KD 3Y QG ID
パンカランブン PKN:IL KD
バンジャルマシン BDJ:GA SJ JT IL KD QG
プトゥシバウ PSU:GA KD
ブラウ BEJ:GA SJ JT KD
ポンティアナック PNK:GA SJ JT IL KD XN IN ID
マタック MWK
マリナウ MLN:KD
ムアラ MTW:
メラック MLK:KD

スラウェシ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 3Y=カルティカ航空 XN=エクスプレス航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
クンダリ KDI:GA SJ JT
コラカ PUM:GA
ゴロンタロ GTO:GA SJ JT ID
スラヤール YKR:JT
タウナ NAH:JT
トリトリ TLI:JT
バウバウ BUW:GA JT
パル PLW:GA SJ JT ID
パロポ LLO:IW(JT)
ブオル UOL:JT
ポソ PSJ:JT
ポマラア UPU:JT
マカッサール UPG:GA SJ JT 3Y XN QG ID
マナド MDC:GA JT XN ID
マムジュ MJU:GA JT
メロングアネ MNA:JT
ルゥック LUW:GA SJ JT
ワカトビ WNI:JT
ワンギワンギ WGI

マルク諸島地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 XN=エクスプレス航空 ID=バティック航空
アンボン AMQ:GA SJ JT XN ID
ガレラ(ハルマヘラ) GLX:
サウムラキ SXK:GA JT
サナナ SQN:
テルナテ TTE:GA SJ JT XN ID
トゥアール LUV:GA JT
トベロ(ハルマヘラ) KAZ
ドボ DOB:
ブリ(ハルマヘラ) WUB:JT
モロタイ OTI:JT
ラブハ LAH:XN

パプア(旧イリアンジャヤ)地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 IL=トリガナ航空 XN=エクスプレス航空 ID=バティック航空
アキムガ AGI:IL
イルラガ ILA:IL
エウェル EWE:IL
オクシブル OKL:IL
カイマナ KNG:JT IL XN
クニャム KNY:IL
ケピ KEP:IL
ココナオ KOX:IL
シナック SNK KND:IL
ジャヤプラ DJJ:GA SJ JT IL XN ID
ソロン SOQ:GA SJ JT XN
ティミカ TIM:GA SJ JT IL
ドゥカイ DEX:IL
ナビレ NBX:JT IL
バボ BXB:JT
ビアク BIK:GA,SJ,JT
ビロガイ BIL:IL
ファクファク FKQ:JT XN
ベオガ BEO:IL
ポトワイ PTW:IL
マノクワリ MKW:GA SJ JT XN
メラウケ MKQ:GA SJ JT
ワメナ WMX:JT IL XN

バリ島ビーチツアーからパプアの辺境地迄、お一人様から完全オリジナルツアーをプランニング致します。
スマトラのサバン島から西パプアのメラウケ迄、インドネシア戦没者慰霊巡拝ツアーをオリジナルでプランニング致します。
日本発ガルーダインドネシア航空、インドネシア国内線各社航空券取り扱っております。
東ジャワ州、イジェン山、魅惑のブルーファイアツアー お一人様から
ビーチツアーから文化、伝統、慰問、表敬、祭礼ツアー迄、バリ島手配はお任せ下さい。
未開の地、魅惑の国 東ティモールの現地手配はお任せ下さい。
バリ島を経由して以遠へ、や、途中バリ島で立寄るプランに持って来いのプランです。
株式会社ティーエーエムインターナショナル ≪マイティーツアー≫
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル3F
TEL:03-3866-8500  FAX:03-3866-3070

mail:tam@mx4.ttcn.ne.jp
 会社案内

shop info.店舗情報

株式会社ティーエーエムインターナショナル

〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル
TEL.03-3866-8500
FAX.03-3866-3070