本文へスキップ

株式会社ティーエーエムインターナショナルは、インドネシア、東ティモール専門旅行会社です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3866-8500

〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル

タラカン 北カリマンタン州TARAKAN TRK

タラカン 北カリマンタン州 インフォメーション

北カリマンタン州、タラカン当社ではタラカン 北カリマンタン州 Tarakan現地に於ける、航空券・ホテル手配・移動手段送迎・現地ツアーから視察訪問、表敬訪問、慰霊巡拝、歴史探索等々、あらゆるオリジナル手配を手掛けております。
現地スタッフも万全の体制で、そして全力投球でお客様のご旅行をサポート致します。まだまだ新しい何かを発見出来るタラカン 北カリマンタン州を是非どうぞ。 [大きな地図はこちらから]

行政区画
北カリマンタン州 タラカン市
中核都市
タラカン Tarakan
空港
タラカン空港 Bandar Udara Internasional Juwata, Tarakan
web site
http://www.tarakankota.go.id/ [タラカン]
時差
日本より1時間遅い
面積
250ku(滋賀県米原市くらい)
人口
24万人(大阪府寝屋川市くらい)
町のイメージ
外部の動画サイトによる町のイメージ

【タラカン、北カリマンタン州 インフォメーション】

「タラカン」(Tarakan)の名称は地元の伝わりによるとオランダが植民地化にする以前のティドゥン語の「Tarak」(出会う)と「Ngakan」(食べる)が融合した言葉。漁師達が休憩して食事をする場所、そして各漁師達が物々交換を行った場所からの由来とされている。

1896年、オランダの石油産業の会社(BPM:Bataavishe Petroleum Maatchapij)が原油(パムシャム油田・チャンコール油田・ジュワタ油田の良質な油田)を発見し、掘削作業が高まる伴ってジャワから大量の労働力を持ち込んだ事でタラカンの町は平穏さを奪われる。1923年、開発が進みオランダ領東印度政府は駐在所を設置し、タンジュンスロール(Tanjung Selor)・タラカン(Taraakn)・マリナウ(Malinau)・アパウ カヤン(Apau Kayan)・ブラウ(Berau)の5つの地域を傘下に治める。インドネシア共和国独立後は大統領命の刷新にてタラカン県の郡長事務所となる。

1981年、政府の規制に従いタラカンを東カリマンタン北部地域の中心の一つとして必要なステータスのレベルアップの町にした。1997年、タラカンは行政自治体にアップグレード。1997/12/5内務大臣によって公式的に同日をタラカンの町の記念日とした。タラカンはバリクパパンに次ぐ東カリマンタン州の第二の玄関にまで成長。そしてインドネシア・マレーシア・フィリピンの交易の窓口でもある。

タラカンは大東亜戦争の歴史観光地であり自然のマングローブの森と保護区の森、ビーチリゾートの開発、独自文化観光とタラカンは豊富な観光地がある。大東亜戦争時には、日本軍の占領後、バリクパパンで生産された石油製品の中継集積センターが建設され、日本本土や日本軍の各前線拠点への補給拠点となった。日本軍守備隊と奪還を目指す連合国軍との間で戦闘が行われた激戦地タランカン。

タラカンの広さは657,33Ku。陸地面積は250,80Ku。平均の最低気温は24.8℃で最高気温は31,4℃。湿度85% 降雨量は一月平均b366,36mm。照射は44,84%。タラカン市民の増加、1945年はジャワ人ティオンホア人・ティドゥン人等で5,000名程であったが2006年半ばまでの61年間で約34倍の171,690名に増加している。

ティドゥン族(Suku Tidung):
東カリマンタン北部を居住としたマレーシア・サバ州の住民。かつてティドゥン王国が存在していたが、オランダンの内部分裂工作政治により消滅してしまった。


【タラカン、北カリマンタン州 観光地、史跡、郷土料理、著名人】

【KKMB テングザル・マングローブ保護地区 Kawasan Konservasi Mangrove dan Bekantan】
テングザル・マングローブ保護地区KKTBは23ヘクタールを所有し、自然の植物・動物・生態の保護区。中にはマングローブ原生林と野生テングザルの保護をしている。テングザルは既に44匹に達し、その内14匹がこの保護地区で生まれた。マングローブは少なくとも15種。その他、カワウソ、オオトカゲ、31種の野鳥、そして、蟹・海老・魚等の様々な種類の海域生物がいる。町の中心でマングローブとテングザルを保護活動しているのはインドネシア内でもここタラカン島だけ。[動画サイトの様子]
【ルマ ブンダール博物館 Museum Rumah Bundar】
ルマブンダール博物館ルマブンダール博物館は1945年、オーストラリア連合軍が日本軍より占領権を奪った後、オーストラリア軍の待機場所として使用されていた。その後、博物館になり日本軍の武器や道具等の大東亜戦争当時の歴史的遺物がある。[動画サイトの様子]
【イナイ市場 Pasar Inai】
イナイ市場
タラカン市中部に位置するイナイ市場は伝統的な市場の一つ。イナイ市場ではタラカン市外の商人や農民が様々な物を販売している。但し、月・木曜日しか開かれていない。[動画サイトの様子](動画はイナイ市場でなく、パムシアン市場の様子)
【カパー Kapah】
タラカン郷土料理カパー
タラカン島料理・名物は蟹が有名ですが、本編では「カパー」とします。カパー(Kapah)は、タラカンでも伝統的な蛤属の貝の大衆料理。茹でて、サンバルなどお好みソースを付けて食すのが一般的で酒の肴にも持ってこいのカパー[動画サイトの様子] その他インドネシアご当地料理はこちらからどうぞ
【日本とタラカン島 Jepang dan Tarakan】
タラカンに残る大東亜戦争の爪痕タラカン島の戦いは蘭印作戦の一つ。1942年1月11日。坂口静夫陸軍少将支隊(混成第65歩兵団)と呉第2特別陸戦隊はボルネオ島北部の油田地帯タラカン島に上陸。1944年9月、陸軍第37軍強化加入。タラカン島は蘭印軍1,400名が守備をしていた。降伏後、沿岸砲による砲撃で日本軍の掃海艇2隻が撃沈され、海軍は戦死者156名を出した。オーストラリア発表では1540名とも。[日本人共同墓碑]旧墓地自大正九年,至昭和八年 昭和八年十二月移墓
エージェント様からのオリジナル タラカン、北カリマンタン州現地手配、コーディネート承っております。本気のインドネシアお届け致します。
ティーエーエム TOPページへ

「タラカン」へのインドネシア国内線ルート

スマトラ地区:
ジャワ&バリクパパン経由
カリマンタン地区:
[ バリクパパン GA JT SJ ID ] [ サマリンダ KD ] [ タンジュンセロール KD ] [ ヌヌカン KD ] [ マリナウ KD ]
ジャワ地区:
バリクパパン経由
西ヌサトゥンガラ地区:
ジャワ&バリクパパン経由
東ヌサトゥンガラ地区:
バリ&ジャワ&バリクパパン経由
スラウェシ地区:
バリクパパン経由
マルク地区:
スラウェシ&バリクパパン経由
パプア地区:
スラウェシ&バリクパパン経由
予告無く運休する場合もございますスケジュール詳細は事前にご相談下さい。
この度は弊社タラカン島インフォメーションページへご来店頂きまして誠にありがとうございます。弊社では様々なオリジナルのタラカン(北カリマンタン州)現地手配・お手伝いをさせて頂いております。きっとご希望に添えるプランをご提供出来ることをお約束致します。お気軽にメール・ファックス・お電話にてお問合せ下さい。
インドネシア 各航空会社
GA Garuda Indonesia air ガルーダインドネシア航空 SJ Sriwijaya Air スリウィジャヤ航空 JT Lion Air ライオン航空 IL Trigana Air トリガナ航空
KD Kalstar Air カルスター航空 MV Trans Nusa Air トランスヌサ航空 3Y Kartika Air カルティカ航空 QG Citilink air シティリンク航空
IN Nam Air ナム航空 Timor Air ティモール航空 XN Xpress Air エクスプレス航空 ID Batik Air バティック航空
スマトラ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 MV=トランスヌサ航空 3Y=カルティカ航空 XN=エクスプレス航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
シナバン SNXJT
シボルガ SIX FLZGA JT
ジャンビ DJBGA SJ JT IN QG
シランギット DTBGA ID
タンジュンパンダン TJQGA SJ JT IN QG
タンジュンピナン TNJGA SJ JT XN IN
ドゥマイ DUMMV
ニアス GNSGA JT
バタム BTHGA SJ JT MV XN IN QG ID
パダン PDGGA SJ JT 3Y XN QG ID
パレンバン PLMGA SJ JT XN IN QG ID
パンカルピナン PGKGA SJ JT IN QG
バンダアチェ BTJGA JT ID
バンダルランプン TKGGA SJ JT XN
プカンバル PKUGA SJ JT XN QG ID
ブンクル BKSGA SJ JT IN QG ID
ムラボ MEQ:GA JT
メダン KNO MESGA SJ JT IN QG ID
ロクスマウェ LSW:GA JT
ルブックリンガウ LLG:SJ IN

ジャワ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 IL=トリガナ航空 KD=カルスター航空 MV=トランスヌサ航空 3Y=カルティカ航空 RI=マンダラタイガー航空 XN=エクスプレス航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
ジャカルタ JKTGA SJ JT IL KD MV 3Y RI XN IN QG ID
ジュンブル JBB:GA
ジョグジャカルタ JOGGA SJ JT XN IN QG ID
スマラン SRGGA SJ JT IL KD IN QG ID
スラバヤ SUBGA SJ JT IL KD 3Y RI XN IN QG ID
ソロ (スラカルタ) SOCGA SJ JT IL IN QG ID
チラチャップ CPX:
バニュワンギ BWXGA JT
ハリム(ジャカルタ) HLPSJ JT 3Y QG ID MV
バンドゥン BDOGA SJ JT KD XN QG
マラン MLGGA SJ JT XN QG ID

ヌサトゥンガラ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 KD=カルスター航空 MV=トランスヌサ航空 RI=マンダラタイガー航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
アタンブア ABUJT
アロール ARDJT MV
エンデ ENEGA JT KD MV
クパン KOE:GA SJ JT KD MV IN QG ID
サブ島 SAU
タンブラカ TMC:GA JT
デンパサール(バリ島) DPS:GA SJ JT KD MV RI IN QG
バジャワ BJW:JT MV
ビマ BMU:GA JT
マウメレ MOF:SJ JT IN MV
ラブハンバジョ LBJ:GA JT KD MV
ララントゥカ LKA:JT MV
ルトゥン RTG:MV
レウォレバ LWE:MV
ロテ島 RTI:JT
ロンボク島 LOP:GA JT QG ID
ワインガプ WGP:SJ JT IN

カリマンタン地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 IL=トリガナ航空 KD=カルスター航空 3Y=カルティカ航空 XN=エクスプレス航空 IN=ナムエアー航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
クタパン KTG:IL KD
コタバル KBU:KD
サマリンダ SRI:KD
サンピット SMQ:KD
シンタン SQG:KD
タラカン TRK:GA SJ JT KD ID
タンジュンセロール TJS:KD
タンジュンワルキン TJG:
ナトゥナ NTX:JT
ヌヌカン NNX:KD
バトゥリンチン BTW:
パランカラヤ PKY:GA JT QG
バリクパパン BPN:GA SJ JT KD 3Y QG ID
パンカランブン PKN:IL KD
バンジャルマシン BDJ:GA SJ JT IL KD QG
プトゥシバウ PSU:GA KD
ブラウ BEJ:GA SJ JT KD
ポンティアナック PNK:GA SJ JT IL KD XN IN ID
マタック MWK
マリナウ MLN:KD
ムアラ MTW:
メラック MLK:KD

スラウェシ地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 3Y=カルティカ航空 XN=エクスプレス航空 QG=シティリンク航空 ID=バティック航空
クンダリ KDI:GA SJ JT
コラカ PUM:GA
ゴロンタロ GTO:GA SJ JT ID
スラヤール YKR:JT
タウナ NAH:JT
トリトリ TLI:JT
バウバウ BUW:GA JT
パル PLW:GA SJ JT ID
パロポ LLO:IW(JT)
ブオル UOL:JT
ポソ PSJ:JT
ポマラア UPU:JT
マカッサール UPG:GA SJ JT 3Y XN QG ID
マナド MDC:GA JT XN ID
マムジュ MJU:GA JT
メロングアネ MNA:JT
ルゥック LUW:GA SJ JT
ワカトビ WNI:JT
ワンギワンギ WGI

マルク諸島地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 XN=エクスプレス航空 ID=バティック航空
アンボン AMQ:GA SJ JT XN ID
ガレラ(ハルマヘラ) GLX:
サウムラキ SXK:GA JT
サナナ SQN:
テルナテ TTE:GA SJ JT XN ID
トゥアール LUV:GA JT
トベロ(ハルマヘラ) KAZ
ドボ DOB:
ブリ(ハルマヘラ) WUB:JT
モロタイ OTI:JT
ラブハ LAH:XN

パプア(旧イリアンジャヤ)地区 
GA=ガルーダインドネシア航空 SJ=スリウィジャヤ航空 JT=ライオン航空 IL=トリガナ航空 XN=エクスプレス航空 ID=バティック航空
アキムガ AGI:IL
イルラガ ILA:IL
エウェル EWE:IL
オクシブル OKL:IL
カイマナ KNG:JT IL XN
クニャム KNY:IL
ケピ KEP:IL
ココナオ KOX:IL
シナック SNK KND:IL
ジャヤプラ DJJ:GA SJ JT IL XN ID
ソロン SOQ:GA SJ JT XN
ティミカ TIM:GA SJ JT IL
ドゥカイ DEX:IL
ナビレ NBX:JT IL
バボ BXB:JT
ビアク BIK:GA,SJ,JT
ビロガイ BIL:IL
ファクファク FKQ:JT XN
ベオガ BEO:IL
ポトワイ PTW:IL
マノクワリ MKW:GA SJ JT XN
メラウケ MKQ:GA SJ JT
ワメナ WMX:JT IL XN

バリ島ビーチツアーからパプアの辺境地迄、お一人様から完全オリジナルツアーをプランニング致します。
スマトラのサバン島から西パプアのメラウケ迄、インドネシア戦没者慰霊巡拝ツアーをオリジナルでプランニング致します。
日本発ガルーダインドネシア航空、インドネシア国内線各社航空券取り扱っております。
東ジャワ州、イジェン山、魅惑のブルーファイアツアー お一人様から
ビーチツアーから文化、伝統、慰問、表敬、祭礼ツアー迄、バリ島手配はお任せ下さい。
未開の地、魅惑の国 東ティモールの現地手配はお任せ下さい。
バリ島を経由して以遠へ、や、途中バリ島で立寄るプランに持って来いのプランです。
株式会社ティーエーエムインターナショナル ≪マイティーツアー≫
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル3F
TEL:03-3866-8500  FAX:03-3866-3070

mail:tam@mx4.ttcn.ne.jp
 会社案内

shop info.店舗情報

株式会社ティーエーエムインターナショナル

〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル
TEL.03-3866-8500
FAX.03-3866-3070