本文へスキップ

株式会社ティーエーエムインターナショナルは、インドネシア、東ティモール専門旅行会社です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3866-8500

〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル

ロンボク島 pulau lombok

ロンボク島旅行のオリジナル手配をご案内しております

ロンボク島、オリジナル
当社ではロンボク島及び周辺諸島の様々な旅行、お手配をご提供しております。日本発国際線航空券・観光・旅行・ツアー・インドネシア国内線航空券・ホテル・移動送迎・オプショナルツアーから遺跡巡り・視察訪問・表敬訪問・歴史探索・戦地訪問・戦没者慰霊巡拝等々、あらゆるオリジナル手配を手掛けております。

日本人スタッフを含む現地スタッフも万全の体制で、全力投球でお客様のご旅行をサポート致します。まだまだ新しい何かを発見出来るインドネシアを是非お客様の五感で体感して下さい
【ロンボク島・Lombok】
ロンボク島、地図バリ島の東側にある島で、インドネシアも今後発展する事を期待しているビーチリゾートの島。面積は福岡県の少し小さい4,725k㎡・人口は大阪市より少し多い272万人。バリには劣るが徐々にリゾート地が開発されてきている。手つかずの自然がこの島の魅力。最も観光客が多く宿泊施設が整っているスンギギビーチにしてもほのぼのとした雰囲気が漂っている。

【その他ロンボク島地区の主な町、地】マタラムクタ・センギギ・プラヤ・セロン・バヤン・タンジュアルビーチ・バトゥボロン・バトゥラヤール・パンタイス・タマンナルマダ・コトン・ギリナング
ロンボク島の過去手配行程はこちらをご参照下さい

【ロンボク島 インフォメーション】

【地理・歴史】
ロンボク島はヌサトゥンガラ諸島の島であり、西側にバリ島、東側にスンバワ島に挟まれた位置。世界で108番目の広さを持ち首都はマタラム、ロンボク島には近年登山で徐々に人気が高まっているリンジャニ山(3726m) がある。

バリ島8王国の一つカンガスン王朝に支配された歴史があるためか、ロンボクのガムラン音楽はバリ島のものとあまり変わりないが、舞踏の方はササック族の勇猛さが表現されていて大きく異なる。盾とラタンによる武術(プリシアン)の舞踏は荒々しい。
【ウォレス線】
インドネシアのバリ島、ロンボク島間のロンボク海峡からスラウェシ島の東側、マカッサル海峡を通りフィリピンのミンダナオ島の南に至る東に走る生物の分布境界線の事。これより西の生物相はアジア区に属し、東はオーストラリア区に属するというもの。1868年、ウォレスが発見した事からこの名がついた。
【ギリ】
この3島は、特にヨーロッパ観光客に人気のある隠れ島。近年は日本人の訪問数も徐々に増えている。各々の島には幾つかの小さなリゾート(通常観光客の為の小屋の小さなコレクションからなる)とレストランがある。

大部分の地元の住民は、内部に住んでる。自動車と動力付通行車は条例によって島で禁止されているので、輸送方法はチドモ(cidomo)と呼ばれている自転車又は馬車。価格がローカルカルテル活動の為、少々高いがギリの内外での足として重宝。ギリが単にササッで「小さな島」を意味し「ギリ諸島」はちょっとした別称。
【ササック族】
ロンボク島の人口の80%を占めている先住民ササック族。ササック族の宗教はイスラム教が中心であるが、バリから伝わったヒンドゥー教や仏教、キリスト教、ロンボク独特の土着宗教“ワクトゥ・トゥル”など様々な宗教がミックスされている。土着信仰“ワクトゥ・トゥル”は、ササック語で「3つの結果」という意味。

この3つとはヒンドゥ、イスラム、精霊信仰の3つを指してる。ササック族の暮らしは、マタラムの南にあるクタ・ビーチへ向かう途中で見ることができるす。ササック族の典型的な村サデなどの見所があり観光客が見学できるようになっている。

【ロンボク島 主な町、施設 一例】

【ギリ諸島 Kepulauan Gili】
ギリ、ロンボク島ロンボク島の北西沖合に浮かぶギリは3つの島で構成されている。「ギリ・トゥラワガ」「ギリ・メノ」「ギリ・アイル」。イメージをに日本に置き換えるとロンボク島が石垣島で、ギリが竹富島や小浜島といった感じにすると雰囲気が伝わるのではないでしょうか。ギリはロンボク島より更に素朴な島生活を堪能出来る。 
【マユラ水の宮殿 Mayura Mesjid Raya Baiturrahman
マユラ水の宮殿、ロンボク島1744年バリ島8王国の一つカラガスン王朝建立の宮殿。建築様式はバリ島スマラプラのクルタ・コサ裁判所とよく似ている。バレ・カンプンと呼ばれる人口湖に浮かぶこの宮殿は王族会議や裁判所としても使用。ロンボク島を占領しようとしたオランダ東インド会社の人物もここで処刑された。
【メル寺院 Pura Meru】
メル寺院、ロンボク島マユラ水の宮殿より道を挟んで向かいにある。ロンボク島ヒンドゥー教の大本山。1720年にバリ島のカラン王子によて建立。シヴァ神を祀った11層の塔を中心にヴィシュヌ、ブラフマンを祀った9層の塔が建っている。
【ササック族 Wisata Desa Sade
ササック族、ロンボク島サドゥはロンボク島のルンビタン村の一つの集落。この村は伝統的なササック族を保持する村として知られる。地元観光局も当地を独自の文化を持っている村として観光推進に注力している。現在、政府から電気を導入する計画がある。サドゥ村はロンボク島先住民の雰囲気を守る伝統集落である。
【リンジャニ山 Gunung Rinjani】
リンジャニ山、ロンボク島リンジャニ山(3,726m富士山との差が50m)は、ロンボク最高峰で、インドネシアでは3番目に高い活火山。イスラム化以前のササック意図には霊峰として精霊信仰の対象となっていた。只今では山麓一帯が国立公園に指定され夏のシーズンには登山者で賑わう。湖や滝、鍾乳洞等の景勝地も見逃せない。

エージェント様からのオリジナル現地手配、コーディネート承っております。本気のインドネシアお届け致します。
ティーエーエム TOPページへ

【様々なロンボク島手配、お手伝い致しました 抜粋】

ロンボク島ポピュラーな観光ツアー(個人旅行から団体旅行迄)
リンジャニ山トレッキングプランニング
ギリ諸島ツアー手配
祭礼出席手配プラニング
戦地慰霊巡拝手配プランニング
オリジナルハネムーンツアー手配
ガルーダ航空、ライオン航空、トリガナ航空、ヌサトゥンガラ諸島地区国内線手配

【旅行会社様ロンボク島ツアーのお手伝い致しておりますお気軽にご相談下さい】

ロンボク島プランニングは自由自在。可能な限りユニットプランニング致します。
ご要望地(ロンボク島及びインドネシアの地方都市、郊外)への航空券をお手配致します。
ロンボク島ランドオンリー、各地上手配承ります。
ロンボク島特殊なお手配ご案内致します。
インドネシア地図
【インドネシア各地域のページへ】
スマトラ島 ◆ジャワ島 ◆カリマンタン島 ◆バリ島 ◆ロンボク島 ◆ヌサトゥンガラ諸島 ◆スラウェシ島 ◆マルク諸島 ◆ニューギニア島パプア 
ティーエーエム TOPページへ

この度は弊社ロンボク島地区ページへご来店頂きまして誠にありがとうございます。弊社では様々なオリジナルのロンボク島現地手配・お手伝いをさせて頂いております。きっとご希望に添えるプランをご提供出来ることをお約束致します。お気軽にメール・ファックス・お電話にてお問合せ下さい。
10/8-16ジャカルタで開催アジアパラ競技大会
U19インドネシア大会トップページへ
バリ島ビーチツアーからパプアの辺境地迄、お一人様から完全オリジナルツアーをプランニング致します。
スマトラのサバン島から西パプアのメラウケ迄、インドネシア戦没者慰霊巡拝ツアーをオリジナルでプランニング致します。
日本発ガルーダインドネシア航空、インドネシア国内線各社航空券取り扱っております。
東ジャワ州、イジェン山、魅惑のブルーファイアツアー お一人様から
ビーチツアーから文化、伝統、慰問、表敬、祭礼ツアー迄、バリ島手配はお任せ下さい。
未開の地、魅惑の国 東ティモールの現地手配はお任せ下さい。
バリ島を経由して以遠へ、や、途中バリ島で立寄るプランに持って来いのプランです。
エージェント様からのオリジナル現地手配、コーディネート承っております。本気のインドネシアお届け致します。
株式会社ティーエーエムインターナショナル ≪マイティーツアー≫
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル3F
TEL:03-3866-8500  FAX:03-3866-3070

mail:tam@mx4.ttcn.ne.jp
 会社案内

shop info.店舗情報

株式会社ティーエーエムインターナショナル

〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル
TEL.03-3866-8500
FAX.03-3866-3070