本文へスキップ

株式会社ティーエーエムインターナショナルは、インドネシア、東ティモール専門旅行会社です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3866-8500

〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル

東ティモールTIMOR LESTE

東ティモール旅行のオリジナル手配をご案内しております

東ティモール、サンタクルス墓地
当社では東ティモール現地手配に於ける日本発インドネシア線国際線航空券・ディリ線国際線航空券・ホテル・移動送迎・ガイド手配・オリジナル手配を手掛けております。現地スタッフも万全の体制で、全力投球でお客様のご旅行をサポート致します。まだまだ新しい国、東ティモールを是非お客様の五感で体感して下さい。

【東ティモール 基本情報】

【国名】東ティモール民主共和国 [The Democratic Republic of Timor-Leste]
【首都】ディリ[DILI]  
【人口】約118万人   
【面積】約14,900平方キロメートル(岩手県と同じ位の大きさ)
【言語】国語はテトゥン語及びポルトガル語。実用語にインドネシア語及び英語。その他多数の部族語が使用されている。
【民族】テトゥン族等大半がメラネシア系。その他マレー系、中華系等、ポルトガル系を主体とする欧州人及びその混血等。
【宗教】キリスト教99.1%(大半がカトリック)、イスラム教0.79%
【記念日】5/20国際的に東ティモールが独立した日・11/28東ティモールが独立を宣言した日。

【ディリ線航空券】

ディリ空港、ディリ線航空券、東ティモール◆東京発着 バリ島経由航空券
◆大阪発着 バリ島経由航空券
◆バリ島発着 航空券 ◆シンガポール発着 航空券
東京・大阪発着乗継航空券、バリ島・シンガポール発着ディリ線国際航空券手配致します。片道もOK

【東ティモール 現地関係】

クリストレイ、キリスト像、ディリ、東ティモール◆ホテル
◆市内インフォメーション
◆出入国について ◆現地ツアー
ディリ市内ホテル、送迎、市内から郊外ツアーご案内致します。1名様から承ります。

【東ティモール その他】

サンタクルス墓地正面◆バリ島乗継プラン
◆その他インフォメーション
◆ご利用前にお読み下さい
◆ディリ市内地図
バリ島での乗継手配もご案内しております。(日本語ガイド送迎、1泊のホテル手配)お任せ下さい。

【東ティモール 施設、著名人 抜粋】

【サンタクルス墓地】
サンタクルス墓地内サンタクルス事件の舞台になった場所。1991年11月12日インドネシア軍支配下の東ティモール・ディリで起きた大量虐殺。独立を求めるデモ行進を行っていた東ティモール市民に対して無差別に発砲し大量の死傷者を出した。
【真実和解委員会博物館】
真実和解委員会博物館インドネシア軍時代は東ティモール市民を収容する刑務所であった。拷問や取調べを行った部屋が今も残る。今では説明を受けなければとても刑務所・収容所とは思えないほど穏かである。
【レジスタンス博物館】
レジスタンス博物館
戦後のインドネシア侵攻から現在迄の経緯を纏めて案内している。当時の武器や再現のレプリカ等がある。施設内は清潔で冷房もきいている。ミニシアターもあり、当時の映像(必見の価値有り)をリアルに見る事が出来る。休館日があるので注意が必要。
【カイ・ララ・シャナナ・グスマン Kay Rala Xanana Gusmao
シャナナ・グスマン1970年代より東ティモールの独立運動に関わり1992年インドネシア軍に投獄され、獄中から東ティモール独立を率いた「東ティモール独立の父」と呼ばれる。東ティモール独立に先立って行われた大統領選挙では東ティモール国民の圧倒的な支持を集め2007年まで東ティモール初代大統領を務める。同年8月より首相、東ティモール再建国民会議初代党首。元ジャーナリストで詩人の顔も持つ。

エージェント様からのオリジナル現地手配、コーディネート承っております。本気のインドネシアお届け致します。
ティーエーエム TOPページへ

東ティモール 概要

16世紀リウライ王が割拠、王国乱立。ポルトガルが東ティモールに白檀を求めて渡航、ティモール島を制服。17世紀半ば,オランダが西ティモールを占領。

1701:ポルトガルがティモール全島を領有。
1859:リスボン条約,ポルトガルとオランダ間でそれぞれティモールを東西に分割。
1942:日本軍がティモール全島を占領 1945:第二次世界大戦終了後ポルトガルによる東ティモールの支配回復(西ティモールはインドネシアの一部として独立)
1974:ポルトガル本国でクーデター,植民地維持を強く主張した旧政権崩壊に伴い東ティモールで独立の動きが強まる。
1975:独立派(フレテリン等)と反独立派の対立激化。フレテリンが東ティモールの独立を宣言した後,インドネシア軍が東ティモールに侵攻制圧。 
1976:インドネシア政府,東ティモールを第27番目の州と併合宣言。
1991:11月サンタクルス事件発生(インドネシア軍による独立派虐殺事件)

【解放独立へ】
1998:5月ハビビ副大統領が大統領就任。インドネシアは東ティモールの独立容認へ。
1999:6/11国連安保理は国連東ティモール・ミッション(UNAMET)設立決定。8/30独立についての直接投票実施,投票直後から独立反対派の破壊・暴力行為が急増,現地情勢が急激に悪化。

これを受けて国連安保理は多国籍軍(INTERFET)の設立を決定。10/20インドネシア国民協議会は東ティモールからの撤退を決定。国連安保理は国連東ティモール暫定行政機構(UNTAET)の設立を決定。
2002:4/14大統領選挙実施、シャナナ・グスマン氏当選。5/17国連安保理は国連東ティモール支援団(UNMISET)の設立を決定。5/20東ティモール民主共和国独立。 

【解放独立後】
2005:4/28国連安保理は国連東ティモール事務所(UNOTI)の設立を決定。
2006:西部出身の国軍兵士による差別待遇改善要求のデモをきっかけに急激に治安悪化。15万人に上る住民が国内避難。政府要請で,豪,ポルトガル,NZ,マレーシアが国際治安部隊を派遣。国連安保理は国連東ティモール統合ミッション(UNMIT)の設立決定。

2007:4/9大統領選挙実施(5/9大統領選挙決選投票実施,ラモス=ホルタ前首相当選)。6/30国民議会選挙実施。
2008:2/11ラモス=ホルタ大統領及びグスマン首相襲撃事件発生。2/12非常事態宣言(5/8非常事態宣言解除)。
2009:5月UNMITから東ティモール国家警察へ警察権限移譲開始(2011/3,全13県)。
2010:4/7国造りの基本,中長期開発計画「戦略開発計画」(SDP)の概要発表(2011年7/15正式発表)。
2011:8/20政府は東ティモール国軍の前身となるゲリラ組織「ファリンテル」の動員解除式典実施。
2012:2/23国連安保理はUNMITのマンデートを2012年12/31迄延長を決定。3/17大統領選挙実施(4/16大統領選挙決選投票実施、ヴァスコンセロス(タウル・マタン・ルアク)前国軍司令官当選)5/20独立10周年記念式典及び大統領就任式典 7/7国民議会選挙実施(グスマン首相の続投が確定)8/8第5次立憲政府発足 12/31マンデート終了によりUNMIT任期満了

【ご挨拶】

ご挨拶 お客様のご要望に併せまして東ティモールツアーのプランニングを一つ一つお作りしております。1名様の航空券のみからグループ様のフルオーダー迄、お見積りをご案内しております。
■バリ島発着航空券のみ
■シンガポール発着航空券のみ
■バリ島発着航空券+ディリ現地手配(送迎・ホテル+市内観光等)
■上記プランにバリ島での乗継宿泊プランの追加手配
■上記プランに日本からのガルーダインドネシア航空の予約・発券追加手配 等々、、
TEL:03-3866-8500
FAX:03-3866-3070
Mail: tam@mx4.ttcn.ne.jp
この度は弊社東ティモール[Timor Leste]インフォメーションページへご来店頂きまして誠にありがとうございます。弊社では様々なオリジナルの東ティモール現地手配・お手伝いをさせて頂いております。希望に添えるプラン作りを日々奮闘しております。お気軽にメール・ファックス・お電話にてお問合せ下さい。
バリ島ビーチツアーからパプアの辺境地迄、お一人様から完全オリジナルツアーをプランニング致します。
スマトラのサバン島から西パプアのメラウケ迄、インドネシア戦没者慰霊巡拝ツアーをオリジナルでプランニング致します。
日本発ガルーダインドネシア航空、インドネシア国内線各社航空券取り扱っております。
東ジャワ州、イジェン山、魅惑のブルーファイアツアー お一人様から
ビーチツアーから文化、伝統、慰問、表敬、祭礼ツアー迄、バリ島手配はお任せ下さい。
未開の地、魅惑の国 東ティモールの現地手配はお任せ下さい。
バリ島を経由して以遠へ、や、途中バリ島で立寄るプランに持って来いのプランです。
エージェント様からのオリジナル現地手配、コーディネート承っております。本気のインドネシアお届け致します。
株式会社ティーエーエムインターナショナル ≪マイティーツアー≫
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル3F
TEL:03-3866-8500  FAX:03-3866-3070

mail:tam@mx4.ttcn.ne.jp
 会社案内

shop info.店舗情報

株式会社ティーエーエムインターナショナル

〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-13-3 ユニコムビル
TEL.03-3866-8500
FAX.03-3866-3070